[1916] 8月の演奏会(1)

  • 2019.06.24 Monday
  • 00:52

❖ 秀逸な伴奏者を得て会心のリサイタル

・8月3日(土)午後6時開演

・京都文化博物館・別館(三条通高倉上ル)

 

・我々の日本歌曲関西波の会の明日を担う前田

 よし子さんは、智辯学園奈良カレッジの非常

 勤講師で多忙の中、このたび満を持して、ソ

 ロのリサイタルを開催される運びとなりまし

 た。伴奏者として我々の間で定評のある中村

 展子さんが務められ、声量豊かな前田さんの

 ソプラノを巧みにサポートされ、お二人で

 感銘深いステージを構築される事と思います。

 

・今回のプログラムのなかに「関西の現代作曲家

 の作品を集めて」というコーナーがあり、その

 中で僕の作品も1曲採り上げていただく事にな

 りました。これまで何度も演奏されていますが、

・「十七才」(1994)(詩・佐久間郁子)

・祖母・母・自分という女系三代にわたる、それ

 ぞれの17yo の姿を、いわば定点観測するという

 詩の内容で、音楽の方もそれぞれの時代に合わせ、

 和風→洋風→今風 と変貌する、3種の音楽スタイルが1曲に詰め込まれた「美味しい」歌曲

 ですから、たとえ前田さんが多少トチっても?!お客様は楽しく聴いてくださる事うけあい

 です。心から、ご盛会とご成功を祈っています!
 

[1915] 7月の演奏会(2)

  • 2019.06.23 Sunday
  • 14:50

❖ 亀岡市で響くオーボエと葦笛

・7月15日(月・祝)午後3時開演

・かめおか桂ホール(亀岡市中矢田鳥居前)

 

・旧友のオーボエ奏者・呉山平煥氏が、箏の福

 原左和子さん、ピアノの西脇小百合さんとタグ

 を組み、土地の木材をふんだんに使った亀岡市

 の桂ホールで、リサイタルを開催されます。オ

 ーボエ奏者ですが、今回は滋賀県の琵琶湖のあ

 たりで採れる葦から造った葦笛での演奏もある

 との事なので、伴奏楽器も洋楽と邦楽とりどり

 に、きっと興味深い演奏が聴かれることと思わ

 れます。

 

トピック[1902]でも報告していますが、京都ア

 スニーでの演奏会で、呉山・福原のお二人によっ

 て僕の作品が2曲演奏されています。今回の亀岡

 公演でも3つの作品が予定されていて、とても光

 栄な事です。

 

・オーボエ独奏のための「峯からの声」(1987)

・オーボエと箏のための「麓には花散る寺」(2004)

・オーボエと箏のための「葉がくれの花」(1997)

 

・3作品とも、お二人の息の合った演奏によって、これまでに何度も再演されて、まさに「作曲者

 冥利に尽きる」思いをさせてもらっていますが、今回の亀岡でも、曲に託したお二人の想いを、

 聴衆の皆様にお伝えください。ご成功を祈っています。

 
 

[1914] 7月の演奏会(1)

  • 2019.06.23 Sunday
  • 14:05

❖ 豊中市第62回合唱の夕べ

・7月6日(土)午後1時30分開演

・豊中市立アクアホール(阪急曽根)

 

・チラシの女の子の笑顔からも楽しさが伝わっ

 てくるように、豊中市合唱協会加盟のコーラ

 ス団体の恒例イベント「合唱の夕べ」が、今

 年もアクアホールで開催の予定です。なにせ

 参加数が多いので、各自の持ち時間は僅かで

 すが、同じ条件の下で、どのように舞台効果

 が達成できるか、合唱の出来栄えの他にも、

 聴き手にとっては愉しみが多く、今年も盛会

 となることでしょう。

 

・委嘱女声合唱曲「野の花がすき」の初公演

 きっかけとなって、昨年暮れに発足した「女

 声コーラス野の花」ですが、今回の公演参加

 に選ばれた僕の曲は、これまでにも幾度か他

 の団体で採り上げられている、大阪の祭りを

 めぐる島田陽子さんの詩による楽しい歌です。

・「大阪祭づくし」(1990)(詩・島田陽子)

・この詩には「しりとり歌」と脇注が記されていて、歌詞のそれぞれの行の最後と次の行の

 頭で「しりとり」をしながら詩が完成しています(簡単そうですが、確実にしりとりをし

 ながら一編の詩を完成させるのは至難の技。亡き島田さんの文筆の冴えに驚きます)。

 ‥‥‥ともあれ、当日の皆さんの晴れ舞台が楽しみです。
 

[1913] 6月の演奏会(4)

  • 2019.06.23 Sunday
  • 00:37

❖ 亡き師を偲び、その遺志を受け継いで

・6月29日(土)午後2時開演

・学園前ホール(近鉄学園前、奈良西部会館3F)

 

・今は亡き会友・内藤千津子さんの門下生たち

 が新しく結成された「新・彩の会」は、現在

 最も深く薫陶を受けられた中谷淑子さんが、

 その後の指導を続けておられます。全員がソ

 プラノという事もあり、日本語の歌詞を歌う

 際の、ソプラノ固有の問題点とか、色いろと

 切磋琢磨して皆で解決してゆける利点が多い

 と思います。今回出演のなかで4名の方が、

 来る10月の京都アルティでの「日本歌曲・

 関西波の会」定演に出演され、しかも中の

 3名の方にとってはデビュー公演となるので、

 この奈良での演奏会は、いわば予行演習を兼

 ねた意味あいも持っています。

 

・そのなかの一人の新人・横尾友子さんが、僕

 の曲を歌ってくださいます。

・「虹」(1989)(詩・狩野敏也)

・全音楽譜出版社刊「千秋次郎歌曲集2」所収の、かなり以前の作品ですが、すっきりと

 型に収まった2番からなる有節歌曲。流れるような9拍子というのも、いかにも自分好み

 です。爽やかな情感で、秋の公演が成功されるよう、今回のステージ成果を期待しています。


 

[1912] 6月の演奏会(3)

  • 2019.06.22 Saturday
  • 22:44

❖ マリンバとピアノによる充実したひととき 

・6月22日(土)  13時半/17時半 開演(2回公演)

・つくば文化会館アルスホール(つくば市吾妻2)

 

・今年の1月にも東京でリサイタルを持たれた楽

 友・明瀬由武氏が、今回は「日本の歌、そして

 ロシア」と題して、地元であるつくば市のホー

 ルで@ホームながらオーセンティックな演奏会

 を予定されています。

 

・ピアニストの高瀬奈美さんと共にデュオコンサ

 ートをスタートされてから今年で5年目とか。

 僕の曲もはじめて前回の折に採り上げていただ

 きましたが、今回も次の1曲をプログラム中に

 加えていただく事になりました。

 

・マリンバとピアノのための

                    「民謡紀行にしひがし」(1998)

 

・組曲「展覧会の絵」と同様に、最初に現れるプ

 ロムナード主題が旅の案内役となり、北の「会

 津磐梯山」から始まり、ついで「ねんねころいち なんばのいちに」と歌う「浪速の子守唄」

 でしっとりとした陰旋法の世界、そして最後は九州に渡り、賑やかな「おてもやん」で盛り

 上がるメドレーです。「にしひがし」と言うには、やや曲数が少なすぎますが、作曲者の裏

 の狙いは、ピアノで奏される音が、単なる引立て役の伴奏でなく、いかに最初のプロムナー

 ド主題を、マリンバの内容に沿いつつも、自主的に発展・終結させて行くか「相手を立てつ

 つ自分も意を尽くす」そういう処にあり、曲の数だけ揃えて、ピアノを平凡な編曲伴奏役で

 終わらせる気は無かったので、結果的には今のままで、ほぼベストかな、と考えています。

 演奏当日の、デュオのご成功を祈っています。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM