[2008] 4月の演奏会(2)

  • 2020.03.10 Tuesday
  • 04:06

❖ あれから4年、満を持しての第11回定演  ・残念ながら、この演奏会は延期となりました

・4月26日(日)午後2時開演

・秋篠音楽堂(近鉄大和西大寺駅北口)

 

・4年前になりますが、WEB上で僕は初めて

 古都奈良が本拠地の合奏団、まほろばフルー

 ト・オーケストラの存在を知り、10回目の定

 演に「お忍び」で伺ったのですが、そのとき

 演目に加えられていたのが、僕の旧作の合奏曲

  「風の忘れもの」(1994)でした。終演後に楽屋

   へ挨拶に行き、その折に、別のフルート合奏曲

   の手書きの譜面を記念に差し上げて帰宅、それ

 以来この晩のことを僕はすっかり忘れていまし

 た。‥‥‥4年間が過ぎ、つい最近になって、

 思いがけず、合奏団から第11回定演の招待状が

 届き、その演目の中に、すっかり忘れていた

 この作品が加えられている事を知りました。

 

・フルートオーケストラのための

                         「追憶の季節」(2014)

 

・未出版ですが、初演以来すでに大阪東京名古屋などで再演されている愛奏的な小品‥‥‥

 懐かしい思い出・悲しい思い出、心の中を行き交う過ぎし日の情感を、簡潔にA・B・A の

   3部構成でまとめてみました。Aの主部は2つの主題を持ち、中間部のBにも別の主題が現れ

 るので、この作品は3つの主題から構成されているわけですが、それぞれ異なった表情を持つ

 3つの主題には共通して特定のモチーフ(原動機)が内包されていて、全体を緊密にまとめて

 います。全体の核となる、そのモチーフは、譜面で書けば実に単純なのですが、言葉で書けば、

 ある音から完全4度高い音へ跳躍し、そこで再度その音を繰り返す、たとえばミララー、とか

 レソソーのような音の連なりが、この曲のいわば「細胞」として、生き続けます。また、ポリ

 フォニックな主部Aに対して、中間部Bは素朴なホモフォニック様式で書かれているのも、特徴

   の一つかも知れません。

 

・音楽に詳しい人のために、解説が長々となりましたが、この第11回定演の本命は、僕の曲などで

 はなく、今回のために作曲された、著名な酒井格氏の委嘱作品「こひすみつやま」の初演です。

 僕自身も、その新作を聴かせてもらうのが愉しみで、氏の作品から大いに学び、啓発を受けたい

 と期待しています。それと、第2部を飾るベートーヴェン交響曲第7番のフルートオーケスト

   ラ・バージョン(確か前回はメンデルスゾーン第4番イタリアでしたね)‥‥‥4年間もの時間を

   かけられ、満を持しての今回の公演、ご成功を心から祈っています。

 

・去る3月30日の日付で主催者側からのご連絡があり、今般の新型コロナウイルスの病災のため、

 会場が使えず、やむなく公演を延期し、今秋10月31日に、同じ会場・同じ内容で、改めて開催

 される旨のご案内をいただきました。4月下旬だったら何とか可能かな、と内心期待していたの

 ですが、その後の予想外の感染拡大というパンデミックな成り行きでは、やはり4月はハードル

 が高すぎたようですね。今回はほんとに、止むを得ないご決定だったと思います。再度、満を持

 しての秋の公演に、さらなる期待をかけたいと思っています。いずれまた、近づいたら、チラシ

 とともにご案内させて頂く予定です。ご支援どうかよろしく!

 

 

 

 

[2007] 4月の演奏会(1)

  • 2020.03.09 Monday
  • 05:08

❖ 着実な演奏活動、7度目の成果を!   ・残念ながら、この演奏会は延期となりました

・4月12日(日)午後2時開演

・光が丘美術館 2F (大江戸線光が丘駅)

 

・楽友・吉岡綋子さんの門下生で、現在は東京で

 家庭を持ち、箏演奏者として活動を続けている

 重成(しげなり)礼子さんは、僕にとっても、

 首都圏での得難い秀れた演奏家、幾つもの作品

 の東京初演でお世話になっています。

 

・「7度目の小航海」とみずから称する今回のリ

 サイタル、これまでの実績をふまえて、さらに

 未知なる「箏の景勝地」へと、重成船長が聴衆

 の皆さまをご案内する事でしょう。

 

・今年は尺八の若手・大河内淳矢氏をゲストに迎

 えての(大学での彼女の後輩なのだとか)、爽

 やかなアンサンブルも予定されていて、有難い

 ことに、今年1月に東京タワーで演奏された

 

・尺八と箏のための組曲「ふるさと遠く」(2018)

 

 が、その時と同じ演奏者によって再演される予定です。また、この演奏会に合わせて、1F

 ロビーでは、野村拓也氏の篆刻作品が展示されています。あとで彼女に聞いたら、野村拓也氏

 は「わたしの夫です‥‥‥」との答え、うっかりしていて失礼!‥‥‥篆刻の展示会とは、どの

 ようなものなのか、こちらにも興味がそそられます。

 

・ただ残念なことに、僕は本番の会場へ伺えないのですが、ご盛会・ご成功の報せを心から期待

 しています。そしてただ、このところ猛威が収まりそうにない地球的病災が、一刻も早く鎮まる

 のを、せつに祈るばかりです。

 

・日本での感染の広がりが少し落ち着いたようだったので、4月なら大丈夫だろうと楽観していた

 のですが(陳腐で常套的な言いまわしなら「‥‥‥と思いきや」の構文が可能です)、昨日にな

 って彼女の方から「‥‥‥本当に残念なのですが、都の自粛要請が延び、ますます規制がかかり

 そうなので、今回はライブを延期することにしました。。。来年の6月で調整しています。‥‥」

 というメールが届きました。‥‥‥作曲者としても落胆ですが、パンデミックな現況からは、まさ

 に「止むを・得ない」適切なご判断だろうと思います。地球規模の沈静化に希望を託しつつ‥‥‥

[2005] 2月の演奏会(1)

  • 2020.03.07 Saturday
  • 09:42

❖ 恒例、マリコのヴァレンタイン公演'20  ・この演奏会は終了しました  事後報告です

・2月16日(日) 午後2時開演

・やまと郡山城ホール・小ホール

             (大和郡山城趾東側)

 

・永年の楽友・松本真理子さんは、毎年のヴァレ

 ンタイン・デイにホームグラウンド大和郡山で、

 手作り「マリコ・クッキー」がお土産について

 くる演奏会を開催しておられますが、このお人

   も「手も動かはりますが、口もよう動かはる」

   タイプで、今年も伺うのを愉しみにしていたの

 ですが、僕自身が数日前から体調を崩し、止む

 なく、大事をとって自宅静養してしまい、彼女

 には申し訳ない事をしました。

 

・後日、彼女からご挨拶いただき、当日のプログ

 ラムに添えて、名物のクッキーまで頂戴しまし

 た。感謝です!今年も無事、ご盛会だった雰囲

 気を感じとる事ができました。

 

昨年に引き続き、有難いことに今年も、演目に

 僕の旧作を1曲加えていただきました。

 

・マリンバとピアノのための「民謡紀行にしひがし」{1998)

 

・この曲は昨年6月にも、つくば市在住の明瀬由武氏のマリンバで再演されていますが、もと

 もとは真理子さんのために、僕が22年前に書いて提供したものです。奥州会津→摂津なにわ

 →肥後熊本、と3つの城下町を北から南へ旅する人の哀歓を、会場の皆様に味わって頂けた

 事と思っています。真理子先生、有難うございました。来年はぜひ伺いますね!

 


 

[2004] 3月の演奏会(1)

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 03:13

❖ 異色ユニット「すばる」、この春もまた   ・病災予防のため、演奏会が中止となりました

・3月7日(土)午後2時開演

・京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)

         (中京・丸太町七本松西入ル)

 

・毎年3月頃に定期的に開催されている音楽ユニッ

 ト「スバル」の公演が、昨年に引き続き、多彩な

 プログラムを揃えてこの春も開催の予定です。オ

 ーボエ/ファゴット/箏 という中核となる3人に

 加え、今回はピアノとソプラノの奏者が参加され、

 充実したプログラムを組んでおられます。

 

・そして僕の旧作を今回も採り上げていただき、次

 の2作品が予定されています。

 

 (1)「旅はるか 空いろの夢」(2017)

   (2)「 風の花びら」(歌詞・村田寿子)(2010)

 

・(1) は、2018年公演において初演された作品で、

 オーボエと箏の二重奏曲ですが、今回はこれを

 ファゴットと箏の二重奏で試みます。ファゴット

 特有のユニークな音色が、箏とどのように響きあうのか、とても楽しみです。また、(2)の曲は

 ソプラノの歌唱を箏で伴奏する譜(これが原バージョン)と、ピアノ伴奏による譜(出版バージ

 ョン)があるのですが、今回は原バージョンにオーボエのオブリガートを付け加えた2011年の

 三重奏バージョンで演奏する予定です。僕自身、9年前に行われたはずのトリオ演奏の事が記憶

 から消えてしまっているので、今度の再演を心待ちにしています。

 

・とても残念でしたが、新型コロナの蔓延予防のため、中止の旨、主催者サイドからの連絡が届き

 ました。非常事態なので、止むを得ない決断だと思います。いずれまた満を持しての再演を期待

 しています。

[1934] 12月の演奏会(5)

  • 2019.12.14 Saturday
  • 23:10

❖ 楽しいピアノ変奏曲をアンコールに        ・この演奏会は終了しました

・12月22日(日)午後2時開演

・原宿カーサ・モーツァルト

     (渋谷区神宮前1丁目/原宿教会通り)

 

・「クリスマスに寄せて」と題してのサロン・

 コンサートの案内を、かつての東京での楽友

 から頂きました。これまで東京での歌曲新作

 演奏会の時などにお世話になったことのある

 ピアニスト・片岡和子さんが、このたび初め

 てソロでのサロンコンサートを持たれる由、

 もっとも特別出演という形で、師匠格の本宮

 寛子さんに賛助出演を依頼されての演奏会と

 なるのですが、以前僕が彼女に差上げていた

 いかにもアットホームでお洒落なピアノ小品

 を、モーツァルト、シューベルト、シューマ

 ンなどの親しみやすい曲目に加えて、弾いて

 下さるとの事、この思いがけないニュースに、

 作曲者としてはただただ嬉しく、感謝です。

 

・もう58年も昔のこと、僕のバイト先だった

 京都のバレエ教室の発表会にために書いた(書かされた?)記憶があるピアノの変奏曲;

 

・「雪」の主題による変奏曲 (1961)

 

・誰でも知っている文部省唱歌(雪やこんこ、あられやこんこ‥‥‥)16小節のメロディを

 もとに、序→主題→第1変奏から第10変奏→最後の第11変奏(コーダを兼ねる)なる構成

 の、演奏約7分の変奏曲。単純明快ですが、単に2拍子の旋律を3拍子に移し替えてワルツ

 めかしたただけと言ったような、手抜きで、だらしない音符は一箇所もありません。シュー

 マン好みの音型や初期のドビュシーをかすめてゆく音響はありますが、基本的には、メロデ

 ィーの最初、ソーラーソーラーソーミ の、ソーラーソという最初3つの音型を、この曲の

 動機(モチーフ)として、いわばハイドン風に愉しんでいるのが、この曲の取り柄でしょうか。

 お客様を愉しませると同時に、演奏者も愉しんで、雪の止んだ朝を迎えてください。ご成功を

 祈ります!

 

・演奏会には行けませんでしたが、後日ほどなく片岡さんからのメールで、無事にサロン盛会の

 中で終了したとの事、僕の曲はとても好評だったので、来月新年に予定されている別のステー

 ジでも再演させてほしい、との嬉しい報せでした。58年も昔の拙い「若書き」を愛好してくだ

 さる方が、現在もゼロではない事を知り、音楽を続けてきて良かったな、と感慨ひとしおです。

[1933] 12月の演奏会(4)

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 21:28

❖ ユニークなトリオでの第2回コンサート ・この演奏会は終了しました 事後報告です

・12月9日(月)午後6時45分開演

・ミレニアムホール(大阪音楽大学P号館)

                                (阪急宝塚線庄内駅) 

 

・たまたまWEB上で見つけ、僕の作品が演奏

 曲目の中に記されていたので、予定がなか

 ったのを幸いに、忍びで拝聴に伺いました。

 

・ユーフォニアムの服部氏は大阪音大卒、現在

 洗足音大大学院でピアノを専攻している異色

 の音楽人、もう一人のユーフォニアムとピアノ

 奏者は、ともに現在大阪音大の在学生、この

 トリオを結成して今回が2回目の演奏会、と

 いう、今後が期待される若い皆さんです。

 

・6つのステージとアンコール、いずれも、邦人

 の作曲または編曲による作品というプログラム、

 こういう楽器の組み合わせによる作品が、豊富

 に有るのか無いのか直ちには判りませんが、僕

 の小品は、冒頭のステージで演奏されました。

 

・2本のユーフォニアムとピアノのための 「海に開く窓」

  The Window Opens toward the Ocean, for Two Euphoniums and Piano (2000)

 

・この曲の譜面が「里山の時」や「青のバラード」「東の貢ぎ物」などと共に、アメリカで出版

 されている事もあって、海外ことにアメリカでは、かなり方々で公演されたり、コンクールの

 課題曲になったりしているのですが、この晩の演奏も、印象派ふうのピアノの響きを、ピアノ

 の南部さんが的確に把握していたので、その上に流れてくる2本のユーフォニアムの対位法的

 なメロディのもつれが、とても美しく、安心して聴くことができました。終演後に3名の諸君

 に謝意を告げ、キャンパス内のミレニアムホールを後にしましたが、大阪音大も、10年ぶりに

 (あるいはそれ以上か)訪れていなかったので、キャンパスの充実が実感できました。これから

 も更に研鑽を積まれ、ユニークな活動を続けていってほしいと思っています。

[1932] 明春1月の演奏会(2)

  • 2019.12.08 Sunday
  • 10:25

❖  国際交流のステージでの東京初演    ・この演奏会は終了しました

・2020年1月19日(日)午後3時開演

・東京タワー展望台Club333 特設ステージ

            (港区芝公園内)

 

・文化発信促進委員会(SCPC)主催による4度

 目の東京タワー文化フェスティバルが、令和

 2年の新春早々、気分も新たに開幕します。

 総合プロデユーサーを務める橘 治霞さんとの

 ご縁で、僕もこの企画の当初から作品参加を

 させて頂いています。

 

第1回第2回(共に2017)、第3回(2018)

 そして今回にいたる訳ですが、今回の出品曲は

 数日前に大阪での再演(改定初演)を終えたば

 かりの次の曲を、いわば東京初演の形で、東京

 在住のお二人の奏者に演奏していただきます。

 

・尺八と箏のための組曲「ふるさと遠く」(2018)

 

・箏は、これまで僕の作品を首都圏で演奏する時、

 必ず担当して頂いていた重成礼子さん(関西出身で、僕の親友・吉岡綋子さんの愛弟子)に

 今回もお願いし、彼女の演奏仲間の大河内淳矢氏が尺八を受け持たれます。本番の当日には

 僕は上京できないのすが、それに先立つ10日にリハーサルに立ち会う予定で、フレッシュな

 響きが聴けることを、とても期待しています。

 

・翌日さっそくに出演者からメールが届き、とても好評で会場が静かに落ち着いて、聴き入って

 くださる聴衆の方が多かったとの事でした。来年もできれば参加したい気持ちになりました。

  

 

[1931] 明春1月の演奏会(1)

  • 2019.12.06 Friday
  • 05:43

❖ 雪の十勝の地での ニューイヤーコン    ・この演奏会は終了しました

・2020年1月12日(日) 午後2時30分開演

・とかちプラザ/レインボーホール

            (JR 帯広駅南口前)

 

・帯広市在住のマリンバ奏者・野田美佳さ

 んとは、もう15年以上に及ぶ長いお付き

 合いの楽友で、僕のマリンバ曲の大半を

 これまでの公演で採り上げて頂いていま

 す。最近は(僕がマリンバ曲を書く機会

 がなく)やや連絡が途絶えていましたが、

 令和2年の新春早々に、帯広駅前の文化

 ホールでピアノの波塚三恵子さんと共に

 演奏会を持たれます。今回も僕の旧作が

 再演の予定で、

 

                ・マリンバとピアノのための「わらべうた春秋」(1985)

 

・この曲の中に取り込まれている「六段の調」や「数え唄」などが、お正月気分を盛り上げて

 くれる箏でしょう。僕の作品の中ではかなりリピート率の高い曲で、今年2019年の1月にも

 東京で再演されていますが、明春十勝の地でも、お二人によるご盛会ご成功を祈っています。


 

[1930] 12月の演奏会(3)

  • 2019.11.28 Thursday
  • 00:18

❖ 初版の不備を補って、会心の改訂再演  ・この演奏会は終了しました

・12月7日(土)午後1時30分開演

・朝日生命ホール(大阪キタ 高麗橋)

 

・トピック[1928] の豊中市合唱祭と同様に、僕

 にとっては恒例の年中行事となった関西邦楽作

 曲家協会の作品発表会、昨年は節目の第40回公

 演とあって、僕も久々に歌入り邦楽合奏作品

 提供させて頂きましたが、今年は再び初心に戻

 り、尺八と箏のシンプルな二重奏で見参します。

 

・組曲「ふるさと遠く」(2018)

    1/峠の別れ 2/望郷の無言歌 3/絆あらたに

 

・尺八演奏家・小林鈴純氏の委嘱のもと、昨年の

 夏に作曲し、今年2月に氏の郷里である兵庫県

 加東市で初演を終えた作品ですが、その頃から

 作品の出来栄えに関してやや不満を感ずる部分

 が何カ所かある事に気づいていました。今回の

 再演の機会に、これらの点、とりわけ冒頭の箏

 によるイントロ部分と、3楽章後半の盛上りの

 箇所に何小節かの追加を加え、ひとまず決定稿とする事にしました。

 

・今回の改訂版の初演を確認したあとで、当初から意図していた事ですが、この作品をマザー

 アース社から出版の予定でいます。来年早々には出版のご案内ができる見通しです。初演時

 と同じ小林鈴純・折本大人樹の両氏による改訂再演の成果を期待しています。

 

・前日あたりから寒気が南下してきて、本番当日もすっきりしないナーバスな空模様でしたが、

 近年はリピータの皆さまも多いようで、今回も多くの聴衆の方々のお陰で盛会裡に終幕しま

 した。気になっていた部分的改訂を完了しての「ふるさと遠く」、イメージした通りの構成

 に仕上がり、作曲者としては、以って暝すべしの心境です。小林・折本お二人の楽友に、心

 からの謝意を伝え、また将来機会があったら再演を願っています。ちなみに、年が明ければ、

 トピック[1932]でご案内のように、大河内・重成コンビによる東京公演が待っています。

[1929] 12月の演奏会(2)

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 17:32

❖ 大学勤務の頃の教え子が指揮者に           ・この演奏会は終了しました

・12月1日(日)午後1時半開演

・和邇文化センター(大津市湖西線和邇)

 

・僕が大阪芸大に勤務し始めた頃、と言うのは

 まだかなり若かった頃の教え子に、Tさんと

 いう音楽教育専攻の学生がいて、卒業後も音

 楽の仕事で夢多く紆余曲折の道を、今もなお

 元気に歩んでいるのですが、彼女が郷里の滋

 賀・湖西地区にあって以前から主宰してきた

 混声合唱団が15周年を迎えるのに際して、こ

 のたび記念コンサートを開催する運びとなっ

 たようで、過日僕にも招待状が届きました。

 

・合唱団の名称は「湖西ロ−ズハーモニー」‥‥

 近年の傾向で、団員の高齢化が進み、メンバー

 はかなり減ったそうですが、これまで歌い継い

 で来た13曲ものレパートリーを、途中で団員に

 よるピアノ連弾や独唱ステージを挟みつつ、15

 周年の節目に、総ざらいで公演されるのだとか、

 まさに持続は力なり、ですね。

・大阪芸大の時代に、僕から彼女にプレゼントした混声合唱組曲の楽譜があったのですが、今

 回その中の1曲を、合唱団の皆さんに歌っていただけるようで、とても嬉しいことです。

 

・混声合唱組曲「風に乾杯」( 詩・小川淳子) (1993) より、 第3曲「オカリナの歌」

 

・この曲を聴くと「あ、かなり未熟だが、こんなにみずみずしい音楽を紡いでいた時代が、自分

 にもあったのだな」と思ってしまいます。懐かしい遠い思い出‥‥‥‥本番当日は、残念ながら、

 前トピック[1928]で示したように、僕は豊中での初演があるので、湖西には伺えないのですが、

 どうか年来の努力・練習の成果を存分に発揮されて、成功を収められますよう祈っています。

 

・比良の山なみの麓に建つ瀟洒な和邇文化センターでの公演が、地域の多くの皆さんの来聴を得て

 無事に終了したとの、指揮者・田中さんからの連絡がありました。おめでとう!次回に向かって

 さらなるご発展を!



 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM