[1814] 既刊楽譜の紹介「銀河はるか」

  • 2018.06.21 Thursday
  • 01:42

❖ ユーフォニアムとピアノのための幻想曲 

・この楽譜は、新刊譜として既に3年前にトピ

 ック [1535] で紹介し、曲の内容に関しても

 詳しくコメントしています。

 

・ユーフォニアムとピアノのための

                       「銀河はるか」(1994)

 

・表紙に描かれている「馬頭星雲」の図柄から

 も察しがつくように、広大な宇宙に向かう人

 類の夢と希望を、明るく力強くユーフォニア

 ムの響きに託した二重奏ですが、このほど

 国内でのユーフォニアム関連の楽譜を手広く

 取り扱っている専門店、ユーフォランド社

 (Euph Land) が、僕の作品の販売楽譜の中に

 加えて取り扱ってくださる事になりました。

 (パート譜つき24ページ ¥1,100+税)

 

・また、この秋10月6日には、古くからの楽友で

 昨年コンクール受賞の経歴を持つ小野康行氏が

 リサイタルを予定しておられ、上演曲目の中に

 この作品を採り上げてくださるとの事、24年前の初演者・牛上隆司氏とは別の響きでの演奏

 が愉しめるものと期待しています。チラシができてきたら、改めてまたご案内しましょう。
 

[1807] 新しい出版楽譜(13)

  • 2018.03.17 Saturday
  • 18:07

❖ 1年半後となった後巻の出版      

・2016年の秋に出版した「千秋次郎歌曲集1」

 に引き続いて、後続の第2巻

 

・「千秋次郎歌曲集2」(全音楽譜出版社刊)

                           (120ページ / ¥2,900+税)

 が先月中旬に刊行され、作曲者の自選による

 全32曲の歌曲を2巻に配した歌曲集が、ここ

 に漸く完成しました。僕のようなローカルで、

 無名にひとしい者の作品を発刊してくださった

 (株)全音楽譜出版社のご厚意に、今はただただ

 心から感謝しています。

 

・この第2巻に収録されている曲目は、項を改め

 下方の広い紙面でお伝えしますが、これまで所

 属していた日本歌曲「波の会」で発表・初演し、

 全音楽譜出版社「波の会・日本歌曲集シリーズ」

 (色んな名称で発刊されています)に分散収録さ

 れた僕の作品を、取り出して一括掲載したのが

 この第2巻の大部分を占めています。前巻と同

 数の16作品、それらを出版譜の曲順ではなく、

 作曲年の古い方から順に、曲名/作詩者名/作曲年のセットで配列すると:

  (1) 海を待つ/宮中雲子          1988

    (2) 谷底の松のこと/河野 律         1989

    (3) 虹/狩野敏也             1989

    (4) 愛と風/御木白日               1990

    (5) まんだらげの花/矢柴うた子      1991

    (6) ゆうなみ/小川淳子            1991

    (7) 花あかり/相馬梅子          1992

    (8) 手のひらの地図/宮田滋子       1993

    (9) 雪と椿/小川淳子           1995

    (10) 言葉は鳥/笠原三津子         1998

    (11) 桐壺/友永淳子            1999

    (12) 霧のうた/西岡光秋          2007

    (13) 冬へのオード/貞松瑩子        2007

    (14) 河/香山雅代             2007

    (15) 花水木の手紙/吉田義昭        2016

    (16) 夏の終り/杉本秀太郎         2017

 

・第1巻と第2巻で互いに補填しあって、ほぼ毎年のように歌曲作品を書いていたことが判るの

 ですが、それでも2000年から2005年にかけては、声楽作品ばかりでなく他のジャンルの制作

 にあっても作品数が減少していて、やはり自分にも制作の波があったことに気付きます。

 

・上記16作品の中で、今回初めて譜面として公開されるのは (2)(4)(14)(15)(16)の5作品です。

 残りの11曲は、前記のように、すでに刊行されている出版譜に収められていますが、演奏に際

 してのヒントになるかも知れない作曲者の率直なコメントが付記されているのは、これらが最初

 でしょう。なお、この楽譜はすでに発売され、全音楽譜出版社の広報にも宣伝されています。

[1636] 新しい出版楽譜 (12)

  • 2016.10.19 Wednesday
  • 01:01

❖ 家庭の絆、地域の絆を、楽しい女声合唱で

・前トピックでお伝えした、豊中市立文化芸術

 センター完成の祝賀演奏会のために、作曲し

 た委嘱作品が、出版されました。

 

・女声合唱組曲「かさなりおおて」

                    (作詩・島田陽子)(2016)

 

・楽しい表紙画を描いてくれたのは、旧くからの

 友人、木版画の作品で活躍している西村和彦氏

 です。中の解説ページに収められたカットも、

 素敵です。組曲のかたちで、次の3曲から構成

 されています。

 

・第1曲/おしょうがつ

・第2曲/トマト

・第3曲/きつねが出る

 

・1999年に出版された島田陽子さんの詩集「かさ

 なりあって」の中から、大阪弁で書かれた上の3

 曲を、正月/夏/秋 の順に並べて組曲にしました。

 タイトルも大阪弁「かさなりおおて」と言い換えて、この組曲のタイトルにしました。

 

・最初の曲は、お正月の風景、いまどきの家族の絆が、小学3年の女の子の目から見たものとして

 歌われます。第2曲は、その女の子が野菜と果物の共通点や異なる点を調べる事によって、トマ

 トは果物だ!という結論を出すお話。そして終曲は、町内会での秋祭りマラソン大会のシーン。

 日が暮れたお宮さんの前を通るコース、狐が出るとかといううわさで、彼女も最初は怖がるので

 すが、さあどうなる事か。島田さんは、これを落語小咄として落トスのではなく、地域のみんな

 の絆のエピソードとして、楽しく暖かく詩にしています。

 

・楽譜のお問合せは、パナムジカ(☎075-952-8762)まで。頒価は¥1,200+税 です。
 

[1627] 新しい出版楽譜 (11)

  • 2016.09.16 Friday
  • 23:49

❖ 音楽評論家・宇野功芳氏に序文を頂いて

・これまで書きためてきた歌曲の中から約30曲

 を選び「千秋次郎歌曲集 1」「千秋次郎歌曲

 集 2」の2巻に振り分けて、最大手の楽譜出

 版社のひとつ、全音楽譜出版社から発刊して

 いただく事になりました。たいへん栄誉な事

 と感謝しています。

 

・僕の現在の作品数は約370タイトルですが、

 そのうち声楽作品に属する曲の数は半数以上

 およそ200曲ほど、その中の120曲あまりが

 ピアノ伴奏による独唱の日本歌曲で、残りは

 合唱作品や邦楽器の伴奏による箏歌、さらに

 室内オペラのアリアや重唱などです。

 

・歌曲の出版はこれが初めてではなく、これま

 でにも、マザーアース社とか国際芸術連盟、

 音楽之友社などからも発刊されていますが、

 個人の「歌曲集」という形で、それなりの数

 の曲目が前後2冊に収められるのは、今回が

 最初で、おそらく最後になるでしょう。

 

・昨年秋ごろから出版社とお話を進め、初演は終ったものの未だ出版されていない近年の曲目

 を中心に、これに作曲者が愛着を持つ旧作の幾つかを加えて、全16曲からなる第1巻を構成

 しました。その16曲の曲名/作詩者/作曲年を、出版楽譜の曲順とは別に、作曲年の順列で

 示すと、次のようになります。

   (1) ひろったえんぴつ/いわきたろう   1986

       (2) さよならの季節/印南長子       1989

       (3) 夏の朝/垣内磯子           1994

       (4) あしたになったら/垣内磯子      1994

       (5) 十七才/佐久間郁子                  1994

       (6) 秋風の妖精/貞松瑩子                        1995

       (7) 水曜日のうた/藤田潔静                     2006

       (8) 夕ぐれ/貞松瑩子                      2008

       (9) チェロの四季/中島登                         2009

       (10) 風のはなびら/村田寿子                   2010

       (11) 溢れる海/貞松瑩子                          2010

       (12) 揺れる日/貞松瑩子                          2011

       (13) 踏み絵/狩野敏也                             2013

       (14) 新薬師寺へ/柏木隆雄                      2014

       (15) さがしている/宮中雲子                   2015

       (16) わが道/貞松瑩子                             2015

 

・タイトルの感じからも推測できますが、最初の4曲は旧作の童謡に近い作品です。しかし、

 それぞれに愛着があり、この巻に収録しました。また、実際の楽譜では(15)(5)(7)(6)の順で

 ページが始まりますが、少なくともこの4曲を試していただければ、千秋次郎の歌の世界が

 どのようなものか、判っていただけると思っています。

 

・自分にとって大きな意義のある事を、お伝えするのが遅れましたが、今回の上梓にあたり、

 指揮者で音楽評論家の宇野功芳氏からメッセージを寄稿していただく事ができました。まさ

 に無上の感激です。ただ、痛恨のきわみは、草稿が僕の手元に届いてから、1ヶ月あまりで

 氏は他界されました。ご自分の命脈を削ってまで、電話口での約束を果たして下さった事に、

 何とお礼すべきか、いま僕は言葉を失っています。楽譜では最初のページに、氏のメッセー

 ジ「千秋作品に」を掲載しています。(宇野功芳氏のことは、いずれまたブログの項を改め

 てお伝えしようと考えています。)

 

・この楽譜はすでに発刊され、全音楽譜出版社の広報にも宣伝されています。なお第2巻は、

 第1巻でブランクになっている1995〜2006の約10年間に書いた歌曲を中心に選曲、来年の

 初夏あたりに刊行の予定です。

[1623] 既刊楽譜の紹介

  • 2016.08.15 Monday
  • 20:39

❖ 箏とクラリネットの二重奏曲

・この楽譜は新刊譜ではなく、すでに2004年に

 マザーアース鷏から出版されているものですが、

 来月の再演を機に、はじめてブログ上での紹介

 をさせてください。

 

・タイトルとなった「巷歌コウカ」とは、ちまた

 の歌 という意味、「拾遺シュウイ」とは、拾

 い集めた という意味、欧文のタイトルは 

 The Melodies Forgotten

           ‥‥忘れられた歌の数々

 という表現になっています。もっとも、すべて

 作曲者のオリジナルな旋律であり、全体が創作

 なのですが、一先ずこのように「集めてきた」

 という体裁を採っている、4楽章(つまり4つ

 の旋律)からなる組曲(組み歌もの)です。

 

・4つの楽章にはそれぞれ、「一の歌」「二の歌」

 「三の歌」と曲名が付いていて、最後の4番目

 のものには、これが最後(フィナーレ)という

   意味で「吉利」キリ, つまり「切り」を祝辞化したタイトルが付いています。


・バロック期の教会ソナタの構成に似せて、この

 曲でも 緩−急−緩−急 の4楽章構成ですが、1曲

   目は3拍子のABA3部形式、2曲目は4拍子での

 2声インベンション、3曲目は左の譜例に見る

 ように拍子記号が示されていない即興的なファ

 ンタジア、終曲は再び4拍子、放埒とも言える

 ロンドで全体を賑やかにしめくくります。

 

・この作品では、演奏上どうしても箏が2面必要

 となります。左の譜面の冒頭に記されているよ

 うに、第3曲で使う箏の調弦が、たぶん他には

 類を見ないような奇妙な琴柱の立て方(調弦)

 を要求しているからです。通常は奏者の手前か

 ら高い音が始まり、しだいに低い方へ順番に降

 りてゆくのですが、ここでは、ちょうど中程で

 いったん低い音に達し、それから別な音を鳴ら

 しながら高い音に戻る、という、分散和音の

 響きの面白さが味わえる、新しい試みを行い、

 僕自身は十分満足できる成果が得られました。

 

・1982年の京都での初演以来、かなりの回数で再演が行なわれてきましたが、2面の箏を舞台

 に用意するために、ときどき予想外のことが起ることに気付きました。別調弦の箏による3曲

 目が終り、4曲目を弾くために箏奏者がもとの箏に移動する時に、聴衆の何人かの方が「あ、

 演奏が終了した」と早合点され、箏奏者が立ち上がるやいなや拍手が起るのです。まあ、拍手

 を頂くのは有難いことなのですが、今度のサロンでのお客様は如何なさるでしょうか。
 

[1605] 新しい出版楽譜 (10)

  • 2016.02.25 Thursday
  • 18:17
❖ 5分で収まる女声合唱の単品
・すでにトピック[1603]でもお伝えしていまし
 たが、2014年に
作曲した短い女声合唱の作品
 を、単独のかたちで楽譜出版しました。


・女声合唱曲「紅い椿」(2014)
                       (作詩/池田もと子)


・演奏時間が約5分で収まる短い曲ですが、歌詞
 の内容がとても判りやすく、人々の心に届く素
 敵なメッセージなので、演奏時間に制約の多い
 各種合唱祭などのシーンで、便利に使っていた
 だけるのではないかと思っています。

・楽譜(12p、¥600+税)のお問合せは、鷏
パナ
 ムジカ
、またはマザーアース鷏 まで。

 

[1535] 新しい出版楽譜 (9)

  • 2015.08.17 Monday
  • 02:36

ユーフォニアムのための幻想曲第2番

・ユーフォニアムとピアノのための
 「銀河はるか」(1994)
・"Far Beyond The Milky Way"
     for Euphonium and Piano(1994)

・今から21年も以前の旧作ですが、現在のよう
 な「何でもあり」の音楽的状況の中では、この
 作品もかえって面白く感じてもらえるかも知れ
 ず、海外からの出版要請もあったので、青花社
 譜房版としてこのたび出版しました。

・楽譜に記載された前書きの全文を(ただし英文
 版は割愛)以下に転記してみます。短文ながら
 要点は押さえています。


・[作品について]
  1990年に知り合ったユーフォニアム奏者・牛
 上隆司氏から再度の委嘱を受け、この2番目の
 幻想曲「銀河はるか」は1994年2月に完成、同
 年4月、所沢市で開催された氏の第2回リサイタルにおいて初演されました。
  1990年に書いた最初の委嘱作「うるわしきもの流れゆくなり」が投げかけた深い孤独と嘆き
 の情感とは対比的に、この第2作は無限に続くとも思える混沌の中の宇宙に、限りない夢と希
 望を託す、そのような作品です。
  曲の構成は、変則的なソナタ形式の単一楽章、本来の展開部に相当する中間部が、それまでの
 モチーフに由来する自由なエピソード楽句に置き換わっています。神秘的な短い導入部から始ま
 って、明るい確信的なエンディングに終わる一連の起伏に充ちたひとときは、宇宙に向かう私達
 の夢と希望を伝えようとしています。


・今回も旧友の松原緑さんが素敵な表紙画を提供してくださいました。オリオン座にある馬頭星雲
 (horsehead nebula)と呼ばれる暗黒星雲へ、1500光年をかけてスケッチに行ってきて下さった
 ご足労、おかげで宇宙の活力ある一瞬がみごとに捕えられています。

・頒価¥1,100円+税 (高音譜表と低音譜表によるパート譜付き)お問合せは
鷏マザーアース。 

[1532] 既刊楽譜の紹介「散歩の向こうに」

  • 2015.08.16 Sunday
  • 16:33
❖ 残念ながら ただいま絶版ですが
・叙情歌曲集「散歩の向こうに」
      作詩・きのしたみのる
      作曲・千秋次郎
      音楽之友社 1994年刊

前トピックでも紹介しましたが、1988年から 
 1993年までに作曲した7篇の叙情的な歌曲を
 音楽之友社から出版しました。作詩はいずれも
 当時勤務していた大阪芸術大学での教え子だっ
 た大島良介クンの中学時代の恩師だった木下稔
 氏(込み入った構文で失礼)で、木下先生から
 同名の詩集をいただいた時から、人生の機微に
 触れるすばらしいメッセージに心打たれ、音楽
 教育学科に在籍していた大島クンに歌わせてみ
 たのが、一連の作曲へのきっかけでした。

・当時すでに、中学教師ではなくなっておられた
 木下先生は、大阪キタに画廊を持っておられ、
 この楽譜の表紙や、譜面の中の挿絵なども、す
 べて木下先生の手になるもの、おまけに出版に
 際して必要となる初期費用まで負担して下さって、当時まだまだ生活の苦しかった作曲者に
 は、ほんとに有難い「時の氏神」でした。ほんとに感謝の言葉もありません。

・残念ながらすでに在庫はなく、絶版という形になっていますが、時おり web上でのオークシ
 ョンなどで見かけます。「作曲者によるサインあり」などどコメントの付いたものも見かけ
 ました。当の「作曲者」としては複雑な思いですが、こうして少なくとも当分の間、誰かに
 保管されているのは嬉しいことです。

[1517] 出版楽譜の紹介

  • 2015.04.18 Saturday
  • 23:43
❖ 唱歌「ふるさと」の変奏を2面の箏で


・2面の箏のための「ふるさと変奏曲」(2015)

・トピック[1506]で作品の完成を伝え、[1510]で初演の事を伝えましたが、このほど
 マザーアース(株)から、この作品の楽譜が出版されました。通常の五線譜スコアの他
 に、上に例示したような箏用の縦譜(タブラチュア譜)が付いていて、洋譜に馴れて
 いない方には便利です。

・皆が知っている懐かしい旋律をもとに、2面の箏で陰影に富んだ変奏を紡いでゆきま
 す。初歩の箏の学習者にはちょうど手頃な教材になるでしょう。また、熟練の演奏家
 にとっては気分転換にふさわしい、友人との手合わせの曲として活用していただける
 と思います。

・頒価¥1,000+税‥‥ワンコインは無理でしたが、何とかトゥーコインズで押さえて
 いただきました。お問合せは
(株)マザーアースまで。
                  

 

[038] 出版楽譜の紹介

  • 2014.12.08 Monday
  • 10:31
❖ 弾き唄いを伴う邦楽合奏曲



・箏、十七絃、尺八による箏歌「夢の花橘」(2007/2014)

・すでにトピック[031] でご案内していた演奏会の日程に合わせて、マザーアース(株)から上記の
 楽譜が出版されました。五線紙に書かれた通常のスコアの他に、上例のように、(1) 箏1,2 と17
   絃の「縦譜」が記されているもの、(2) 都山流尺八譜が記されているもの、2種類のパート譜が
   あり、個別購入が可能です。なお、歌唱のパートは箏2と同じパートに、やはりタブラチュア形
 式で記譜されています。それほど高度な奏法を要求している個所はありません。五線譜に馴れて
 いない邦楽演奏者のかたでも、容易に取組める内容です。

・箏版27ページ、尺八版21ページ、どちらも頒価は¥1,400+税、お問合せは(株)マザーアース→
 → http://www.mother-earth-publishing.com

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM