[011] 5月の演奏会 (松本市ハーモニーホール (小ホール)

  • 2014.03.30 Sunday
  • 22:35
❖ヴァイオリンと25絃箏の協演
・この演奏会は終了しました
・5月31日(土)午後7時開演
・ザ・ハーモニーホール(小ホール)
          (松本市島内)

・1995年神戸淡路大震災の鎮魂のために
 作曲したヴァイオリンと箏による二重奏
 曲を、田中静子さんの委嘱により、今回
 は音域の広い二十五絃箏用に書き直し、
 改訂初演していただきます。


・ヴァイオリンと二十五絃箏のための
               「風の里歌」(1995/2014)

・なにか悪い予兆のような序奏に続いて、ゆ
 ったりとしたAの鎮魂歌の旋律、それに続
 くBでの、激しい二つの楽器のせめぎ合い、
 カデンツァを経て再び鎮魂歌Aが戻り、そ
 のまま終わろうとする間際に、もう一度B
   の記憶が戻ってきます。哀しみと鎮魂とが交錯する作品です。

・金沢を少し小規模にしたような城下町・松本は、とても素敵な「街」というよりも「町」
 と呼びたい思いです。この日は、日本全土が猛暑に襲われた異常日でしたが、松本は29℃、
 暑い中にしっかりした風が吹いていて、むしろ爽快でした。大阪や京都では、すでに姿を
 消した丸善書店が大きな店舗を構えていたのも、率直なところショック?でした。
・市内から少し離れた公園の中にある会場は、小ホールながら音響がとても良く、絃の演奏
 にはピッタリでした。降旗氏の演奏を聴くのは初めてだったのですが、見事な解釈で「風
 の里歌」を把握して下さっていて、最後まで安心して?聴いていました。もちろん田中さん
 の二十五絃箏についても同様です。良い楽器らしく、音色がとても穏やかで、自分の曲には
 見事に合っていました。‥‥良き共感者としての演奏者に遭遇できる事は、作曲する者に
 とって、至福とも言うべきことでしょう。来年のリサイタルでは、2009年に書いた20絃と
 17絃のための二重奏「空の青・海の青」を演奏して頂けそうです。今からすでに期待です。
コメント
コメントする