[1627] 新しい出版楽譜 (11)

  • 2016.09.16 Friday
  • 23:49

❖ 音楽評論家・宇野功芳氏に序文を頂いて

・これまで書きためてきた歌曲の中から約30曲

 を選び「千秋次郎歌曲集 1」「千秋次郎歌曲

 集 2」の2巻に振り分けて、最大手の楽譜出

 版社のひとつ、全音楽譜出版社から発刊して

 いただく事になりました。たいへん栄誉な事

 と感謝しています。

 

・僕の現在の作品数は約370タイトルですが、

 そのうち声楽作品に属する曲の数は半数以上

 およそ200曲ほど、その中の120曲あまりが

 ピアノ伴奏による独唱の日本歌曲で、残りは

 合唱作品や邦楽器の伴奏による箏歌、さらに

 室内オペラのアリアや重唱などです。

 

・歌曲の出版はこれが初めてではなく、これま

 でにも、マザーアース社とか国際芸術連盟、

 音楽之友社などからも発刊されていますが、

 個人の「歌曲集」という形で、それなりの数

 の曲目が前後2冊に収められるのは、今回が

 最初で、おそらく最後になるでしょう。

 

・昨年秋ごろから出版社とお話を進め、初演は終ったものの未だ出版されていない近年の曲目

 を中心に、これに作曲者が愛着を持つ旧作の幾つかを加えて、全16曲からなる第1巻を構成

 しました。その16曲の曲名/作詩者/作曲年を、出版楽譜の曲順とは別に、作曲年の順列で

 示すと、次のようになります。

   (1) ひろったえんぴつ/いわきたろう   1986

       (2) さよならの季節/印南長子       1989

       (3) 夏の朝/垣内磯子           1994

       (4) あしたになったら/垣内磯子      1994

       (5) 十七才/佐久間郁子                  1994

       (6) 秋風の妖精/貞松瑩子                        1995

       (7) 水曜日のうた/藤田潔静                     2006

       (8) 夕ぐれ/貞松瑩子                      2008

       (9) チェロの四季/中島登                         2009

       (10) 風のはなびら/村田寿子                   2010

       (11) 溢れる海/貞松瑩子                          2010

       (12) 揺れる日/貞松瑩子                          2011

       (13) 踏み絵/狩野敏也                             2013

       (14) 新薬師寺へ/柏木隆雄                      2014

       (15) さがしている/宮中雲子                   2015

       (16) わが道/貞松瑩子                             2015

 

・タイトルの感じからも推測できますが、最初の4曲は旧作の童謡に近い作品です。しかし、

 それぞれに愛着があり、この巻に収録しました。また、実際の楽譜では(15)(5)(7)(6)の順で

 ページが始まりますが、少なくともこの4曲を試していただければ、千秋次郎の歌の世界が

 どのようなものか、判っていただけると思っています。

 

・自分にとって大きな意義のある事を、お伝えするのが遅れましたが、今回の上梓にあたり、

 指揮者で音楽評論家の宇野功芳氏からメッセージを寄稿していただく事ができました。まさ

 に無上の感激です。ただ、痛恨のきわみは、草稿が僕の手元に届いてから、1ヶ月あまりで

 氏は他界されました。ご自分の命脈を削ってまで、電話口での約束を果たして下さった事に、

 何とお礼すべきか、いま僕は言葉を失っています。楽譜では最初のページに、氏のメッセー

 ジ「千秋作品に」を掲載しています。(宇野功芳氏のことは、いずれまたブログの項を改め

 てお伝えしようと考えています。)

 

・この楽譜はすでに発刊され、全音楽譜出版社の広報にも宣伝されています。なお第2巻は、

 第1巻でブランクになっている1995〜2006の約10年間に書いた歌曲を中心に選曲、来年の

 初夏あたりに刊行の予定です。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/10/29 5:29 PM
コメントする