[1636] 新しい出版楽譜 (12)

  • 2016.10.19 Wednesday
  • 01:01

❖ 家庭の絆、地域の絆を、楽しい女声合唱で

・前トピックでお伝えした、豊中市立文化芸術

 センター完成の祝賀演奏会のために、作曲し

 た委嘱作品が、出版されました。

 

・女声合唱組曲「かさなりおおて」

                    (作詩・島田陽子)(2016)

 

・楽しい表紙画を描いてくれたのは、旧くからの

 友人、木版画の作品で活躍している西村和彦氏

 です。中の解説ページに収められたカットも、

 素敵です。組曲のかたちで、次の3曲から構成

 されています。

 

・第1曲/おしょうがつ

・第2曲/トマト

・第3曲/きつねが出る

 

・1999年に出版された島田陽子さんの詩集「かさ

 なりあって」の中から、大阪弁で書かれた上の3

 曲を、正月/夏/秋 の順に並べて組曲にしました。

 タイトルも大阪弁「かさなりおおて」と言い換えて、この組曲のタイトルにしました。

 

・最初の曲は、お正月の風景、いまどきの家族の絆が、小学3年の女の子の目から見たものとして

 歌われます。第2曲は、その女の子が野菜と果物の共通点や異なる点を調べる事によって、トマ

 トは果物だ!という結論を出すお話。そして終曲は、町内会での秋祭りマラソン大会のシーン。

 日が暮れたお宮さんの前を通るコース、狐が出るとかといううわさで、彼女も最初は怖がるので

 すが、さあどうなる事か。島田さんは、これを落語小咄として落トスのではなく、地域のみんな

 の絆のエピソードとして、楽しく暖かく詩にしています。

 

・楽譜のお問合せは、パナムジカ(☎075-952-8762)まで。頒価は¥1,200+税 です。
 

コメント
コメントする