[1639] 12月の演奏会 (3)

  • 2016.11.23 Wednesday
  • 16:57

❖ これまでの委嘱作品を一堂にそろえて        ・この演奏会は終了しました

(・記事を途中まで書きかけていたのですが、他

 の割り込み仕事のために、なかなかアップが

 できず、とうとう事後報告になりました。)

 

・12月4日(日)午後2時開演

・ロームシアター京都(サウスホール)

             (左京区岡崎公園)

 

・京都市を中心に白石孝子さんによって1980年

 に結成された <あうろすフルートあんさんぶ

 る>は、全国各地に生まれているフルート合奏

 団の草分け的な存在で、1990年にヨーロッパ・

 ウィーン市ではじめて、佐渡裕氏の指揮による

 フルート・アンサンブルの公演を行ない、かの

 地に衝撃的な感銘を与えたのが、この合奏団で

 した。

 

・結成以来の公演数がとうとう110回に達し、本拠

 地・京都での公演となりました。今回はこれまで

 この合奏団が委嘱してきた5つの作品を一堂に集

 めての、よそでは真似のできない盛大な演奏会が行なわれました。僕の作品も採り上げられ‥‥

 

・フルート・オーケストラのための「風の忘れもの」(1994)

 

トピック[1637]でも紹介したこの作品は、じつは今から22年前この<あうろすフルートあんさ

 んぶる>からの委嘱で書いた曲だったのです。そしてそのお陰で、2006年、僕は第20回京都

 芸術祭音楽部門京都知事賞をいただくことができました。

 

・いつもは指揮者なしでの演奏ですが、今回は特別に粟辻総氏を指揮者に迎え、爽快で誠実な演奏

 をして頂くことができました。「モーツァルト写し」ながら、それでも全体が「千秋ブシ」で縁

 どりされているこの「風の忘れもの」‥‥僕にとっては年末を飾る素敵な思い出となりました。

 指揮者はじめ演奏の皆様に、心からの敬意です!
 

コメント
コメントする