[1702] 新しい作品の完成 (16)

  • 2017.01.08 Sunday
  • 22:12

❖ この秋の奈良での邦楽フェスのために

・奈良県三曲協会の理事の一人で、僕にとっては、

 永年の同志ともいうべき箏の吉岡紘子さんから

 新作依頼の打診があり、昨年の暮12月17日に

 ようやく、その曲を完成しました。

 

・邦楽合奏のための

 「万葉やまと春から春へ」(2016)

 

・文化庁の肝いりで、邦楽界では毎年「国民文化

 祭/邦楽の祭典」という、いわば国体のような

 催物が各県持ち回りで開催されて来ているよう

 です。そして今年H29年度のホスト県が奈良県

 に決まっていて、吉岡さんらも今年は気の抜け

 ない多忙の年となりそうとの事です。全国各地

 の邦楽演奏グループから参加を募って、20団体

 以上もの演奏ステージを企画する訳で、主催県

 奈良としても4つの演目を用意して、準備に取

 りかかっておられます。その内の一つが新曲初

 演の舞台で、万葉集から大和に関連した和歌を

 歌い込んで、一つの組歌のようにしたいとの事、

 昨年の夏頃に相談を受け、協議の末に次の4つの万葉集和歌をテキストに選びました。

 (1) 春の野に すみれ摘みにと来しわれぞ 野をなつかしみ ひとよ寝にける/山部赤人

 (2) 春すぎて 夏来たるらし しろたえの衣ほしたり 天の香具山/持統天皇

 (3) 秋の夜の 霧たちわたり おぼろかに 夢にぞ見つる いもが姿を/柿本人麻呂

   (4) あおによし 奈良のみやこは 咲く花の匂うがごとく 今さかりなり/小野 老

 

・タイトルに「春から春へ」とあるように、(1)から(3)にかけて季節が春/夏/秋と移り、冬の

 和歌を省いて(3)から(4)にかけては、やや長い邦器楽の合奏(いわゆる手事)を挟み、ふたたび

 春に戻って、華やかに終る構成です。演奏楽器は尺八2部、三絃、箏2部(弾き歌いします)、そ

 れに十七絃が加わった6パートで、久々に12分半という、かなりの長さの作品を書きました。

 

・今回は吉岡さんの<ぐるーぷ・いぶき>の皆さんばかりでなく、奈良県三曲協会に所属の皆様から

 応募を募っての大所帯での合奏となります。皆様に気に入ってもらえるか、不安と期待との入り

 交じった気持ちで、年末からずっと正月三が日まで、譜面の清書にかかり切っていました。さる

 4日にようやく先方様へ譜面とシミュレーション音源をお送りしました。このブログがようやく

 今日になって更新できたのも、その結果です。しばらく心を休め、また次の依頼の作品に着手す

 ることになりますが、嬉しい事に昨年のような気鬱からは解放されたので、行手は明るいです。

コメント
コメントする