[1724] 10月の演奏会 (4)

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 03:19

❖ 伝統邦楽の全国大会での委嘱初演             ・この演奏会は終了しました

・10月29日(日)午前11時〜午後6時

・奈良県文化会館国際ホール(奈良・登大路)

 

・すでにトピック[1702]でご案内の邦楽器合奏

 (歌入り)の新曲が、文科省をはじめとする

 公共機関の主催で、今年も秋に開催の予定で

 す。今年は奈良県がホスト県となって、全国

 の邦楽演奏団体からの参加を呼びかけ、北か

 ら南まで、今年は28の邦楽社中の皆様が奈良

 市での演奏フスティバルで競われます。

 

・ホスト奈良県で進行・応対を務めるのは、奈良

 三曲協会の方々、すなわち「お接待役」の重労

 働?に従事されるのですが(ご苦労様です!)

 ステージ演奏でも手抜かりはできません。今回

 を記念して委嘱の新作を発表される事となり、

 先般ご案内したように、僕の方へ作曲の打診が

 あったような訳でした。

 

・邦楽合奏のための「万葉やまと春から春へ」(2016)

 

・それが昨年暮のこと、すでに今年の正月に、完成なった上記作品の譜面を協会に郵送し、

 三曲協会の方で伝統的な「縦譜」に書き直していただき、演奏参加の希望者を募り、さっそく

 練習に掛かられました。希望者が多く、全体で80名ほどに絞られたとの事でした。初案では、

 指揮者を置かず、第1箏の一人に先導していただく積りでしたが、これだけの人数ではやはり

 指揮者が必要と感じ、僕の畏敬する邦楽作曲家の吉田興三郎氏が指揮をして下さることになり

 ました。去る7月9日の昼に、皆様の練習に立ち会わせていただいたのですが、特別に借りた

 天理教の大広間に入りきれなほどの、80名もの邦楽の先生方が集まっておられ、吉田氏による

 精確な指揮で、練習が始まりました。三絃だけでも20名もおられます。平素はお師匠さんの方

 ばかりですから、その日が音合せ初日だったにもかかわらず、見事なアンサンブルの響きが生

 れ、吉田氏の指揮に感謝しつつ、安心して会場を辞去しました。もう作曲者がいちいち立ち会

 う必要などなく、皆様に「丸投げ」するのが最もベストな成果を生むことと信じています。

 そして、本番のご成功を心待ちに期待しています。

 

・主催者も出演者も、僕のように作品を提供した末端関係者も、この記念すべき奈良でのフェス

 ティバルを楽しみにしていたのですが、運命のいたずらか当日は台風22号が関西に最接近する

 時刻と重なってしまいました。早朝から雨が降ってきて、風もやや強く、どうなることか心配

 でしたが、幸いにも、21号のような深刻な事態には至らず、夕方には雨も上がっていて、無事

 定刻どおりに終演を迎えることができました。わけても喜ばしい事に、秋田や茨城、広島や徳

 島など遠方からの出演者の皆様からの出演キャンセルが出ず、プログラム記載の全27ステージ

 が予定通りに進行したことで、邦楽の祭典と呼ぶに相応しい、雨中盛大な快挙となりました。

 19番目のステージで演奏された、上記「万葉やまと春から春へ」も、指揮者・吉田興三郎氏の

 邦楽器の特質を熟知されての的確な指揮のお陰で、今回最多の98名の奏者が舞台に勢ぞろいし、

 素晴らしい初演を行ってくださいました。作曲者としては「以って冥すべし」の境地、心から

 の感謝です。ありがとうございました!

コメント
コメントする