[1735]9月の演奏会(2)事後報告

  • 2017.12.29 Friday
  • 09:03

❖ 喜寿ふたりの快挙コンサート      ・この演奏会は終了しました

・9月18日(月/祝) 午後2時開演

・クラシック音楽サロン・ヤギヤ(金沢市寺地)

 

・僕の郷里の旧くからの後輩で、ハープ奏者の

 荒井庸之氏は、金沢に居を構えて既に久しく、

 夫人の靖子さんと共に、詩の朗読の会など、

 地域的な文化活動に積極的に取り組んでいる

 楽友です。この秋に、彼の友人でピアノの松

 本正則氏と組んで、市内から少し離れたクラ

 シック小さなの演奏会ができる喫茶店ヤギヤ

 というサロンで、ジョイント・コンサートを

 成功裡に開催されたとの事で、素敵な資料を

 送ってこられました。おめでとうございます!

・両氏とも今年が喜寿とよばれる77歳なので、

 77+77 すなわちフォーセブン・コンサート

 と名付け、いざとなると勇気が必要な快挙を

 達成されたわけです。普段は喫茶店なのです

 が、趣のある店構え、外観だけでなく、内に

 はドイツの銘器ベヒシュタインが備えてあり、

 とても床しい思いがします。やはりこれも、

 金沢の文化的ふところの深さでしょう。(ここではプログラム資料しか紹介できませんが)。

・この会でも、ありがたい事に、僕の以前に書いたハープのための作品が再演されました。

 どちらも、詩の朗読を伴うものですが、

  (1) 妖精にさらわれた男の子(詩・イェイツ,訳詩・山内玲子)(2002)

      (2) 五つの宇宙の詩(詩・まど・みちお)(2004) 

 このうちの(2)の曲は荒井夫妻の委嘱で、13年前に作曲したものです。夫妻のために、僕

 はこの曲以外にも、5作品ほどを作曲していて、これまで何度も再演されています。

コメント
コメントする