[1736] 12月の演奏会(2)事後報告

  • 2017.12.29 Friday
  • 11:05

❖ 和洋合奏による昼ひとときのクラシック   ・この演奏会は終了しました

・12月20日(水) 正午12時開演

・東京・宝くじドリーム館(京橋2丁目)

 

・先日インターネットで自分の曲が演奏されるト

 ピックを偶然見つけました。演奏者のお名前は

 ことに箏奏者のお名前には記憶があったのです

 が面識のない方でしたから、どんな演奏をして

 くださるのか、とても楽しみで、幸い20日は他

 の予定も入っていなかったので、正午の東京に

 間に合うように、早めの新幹線に乗り、JR八重

   洲口から徒歩でも行ける会場へ「覗き伺い」に

 行ってきました。

 

・会場は宝くじのショウルームの1階フロアで、

 本来なら各種くじの抽選会が行われる平土間

 ですが、抽選会のない日を選んで、年に何回か

 無料公開のミニ・コンサートが企画されていて

 その第8回が、クラリネット/小谷口直子さん、

 箏/片岡リサさんによる今回のコンサートでした。


・「箏とクラリネットとの素敵な出逢い」という

 タイトルで、会場いっぱいとなった聴衆の方々

 を前に、楽しいトークを交えつつ、60分余りの

 演奏が進みました。お二人とも、確実な演奏力

 の持ち主、箏の片岡さんは歌唱も立派で、地歌の

 邦楽的な歌い方だけでなく、洋楽の歌い方もよく

 声が通り、素晴らしいと感じました、僕の作品は

 以前トピック[1622]でも紹介しましたが、

 

・クラリネットと箏のための組曲

              「巷歌拾遺」(1994)

 

 という、箏とクラリネットのために書かれた数少

 ない(自分で言うのも何ですが)作品で、この中

 から1,2,4の楽章をチョイスしての演奏でした。

 第2楽章の2声インベンションは、しばしば箏の

 指がもつれるのですが、片岡さんの演奏は完璧で、

 テンポにも揺るぎがなく、すばらしいものでした。

 

・‥‥そういう訳で、作曲者としてはとても嬉しく、

 覆面のまま会場を去るのは、あまりにも失礼と感じたので、演奏会終了後にご挨拶し、またの

 再会を期して、会場をお暇しました。実は、お二人とも関西在住で、クラリネットの小谷口さん

 が、この「巷歌拾遺」の楽譜を紹介されたのは、オーボエの呉山平煥氏からだったと聞かされ、

 びっくりしました。片岡さんの声を活かし、クラリネットの低いシャルモー音域も活かしての

 新作を、将来お二人のために提供できたら良いな、と思っています。ともあれ、素敵な演奏を

 有難うございました!

コメント
コメントする