[1809] 4月の演奏会(2)

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 15:04

❖ 試練を乗り越えての再出発、第2回公演  ・この演奏会は終了しました

・4月22日(日)午後2時開演

・京都府民ホール・アルティ(烏丸通一条下ル)

 

・法人解散ののち、昨年4月に社団「日本歌曲

 関西波の会」として最初の演奏会を開催させ

 て頂いた我々でしたが、これまでの聴衆の皆

 様からの変わらぬご支援のお蔭で、無事盛会

 の中で大阪フェニックスでの公演を閉幕させ

 ていただきました。会長として、ここに深く

 御礼申し上げます。そして、この機運を逃す

 事なく、今年も引き続き、恒例のように会場

 を京都に移して第2回の(通算では14回目の)

 演奏会を開催の予定です。

 

・ただ、昨年9月、我々の会には思いもかけぬ

 甚大な悲報が届きました。これまでずっと、

 歌い手連中の陣頭指揮?をとっていた副会長

 の内藤千津子さんが、数年前から療養を続け

 ていた体内の病魔によって、遠くへ旅立った

 のです。‥‥‥ようやく新しい一歩を踏み出

 した我々にとって彼女の死は、まさに痛恨のきわみでした。しかし、その事実が生き残っ

 た我々を団結させる結果となり、新しい会員も増えた中での、今回の公演となりました。

 

・内藤さんの他にも、昨年7月には、かつての母体である「日本歌曲振興会波の会」の名誉

 会長で、名曲「落葉松」の作曲家・小林秀雄氏も逝去されました。我々の会の生みの親の

 お一人です。そのような事情もあって、今回の第2回公演は、お二人を偲ぶ、いわば追悼

 演奏会でもあるのですが、聴衆の皆様をお迎えした上は、あくまでも季節にふさわしい爽

 やかな舞台作りに徹しようという事になっています。

 

・小林秀雄作品を、追悼として何曲か歌う時間のつごうで、今回僕の曲は次の1曲だけです;

 

・ソプラノ二重唱「月に寄せる子守り歌」(詩・貞松瑩子) (2004)

 

「ものみな眠る夜なのに ひとり旅する影がある 旅するひとは誰でしょう‥‥‥」と歌い

 出される、貞松瑩子さんの詩にしてはとても判りやすい、3番まで続く定型詩。前田よし子

 さん、片山映子さん、二人のソプラノで歌います。「おやすみ、おやすみ、おやすみなさい」

 と各節ごとにリピートされるリフレインが、今は亡き内藤千津子さんに呼びかけるように、

 鎮魂の想いを込めて、プログラム前半(第1部)のトリで、優しく歌われます。

 

・まだ4月というのに、夏を感じさせるような陽気になりましたが、雨でなくて足場が良かっ

 たのは幸いでした。仲間の内藤さんを失って意気消沈していた我々を励ますように、いつもと

 変わらず多くの来聴者があり、盛会の中で無事に最後のステージまで滞りなく進み、終演しま

 した。第1部の最後に歌われた、僕の「子守歌」二重唱も、慰謝と鎮魂の思いを込めて、感銘

 深いものでした。歌唱指導をしていただいた顧問の上村京子先生が、当日はるばる長野市から

 お越しいただき、また、名古屋波の会の会長・伊藤晶子先生も、ピアニストの伊藤真理さんと

 母娘ともどもに来席くださって、たいへん名誉な事でした。‥‥今年が京都だったので、来年

 は大阪です。すでに2019年4月21日(日)梅田新道フェニックスホールが抑えてあります。


 

コメント
コメントする