[1811] 新しい作品の完成(28)

  • 2018.04.26 Thursday
  • 09:38

❖ 秋の東京定演に出品する2曲目

前トピックに続き、数日後にこの作品を完成し

 ました。作詩者の入船氏は、昨年の会にも「夏

 休み」でご一緒した詩部門の会員です。

 

・「冬の夜話し」(2018) (詩・入船康和)

 

・左に掲示した手書き浄書譜面の冒頭に、歌詞を

 載せていますが、不鮮明ながら視覚的にも判る

 ように、この詩は整った4行3節からなる詩型

 で、まさに「有節歌曲」つまり同じメロディー

 を1番2番3番と歌詞を変えて歌って行ける、

 詩そのものが音楽的にできている好都合な作品

 です。通常の歌では、童謡から演歌までそれが

 「あたりまえ」なのですが、いつの頃からか日

 本歌曲では、そういう形式の整った詩を書く詩

 人が、僕の所属する会ではいなくなり、今では

 自由詩が主流となってしまいました。

 

・今回、この作品に巡り合えたことを、僕は僥倖

 と喜び、「この道」や「あかとんぼ」の先例に

 ならって、ピアノ伴奏は3回とも変えないまま、歌のメロディーも1番のメロディーに従う

 ことを原則として(言葉のアクセントが異なる個所だけ微調整して)愉しみながら作曲を進

 めました。掲示の楽譜、一見するとピアノ伴奏譜の上に、女声三部合唱が書かれているよう

 に見えますが、実際は、下から1番2番3番と、ソロの歌唱パートが記譜されているのです。

 

・僕が、これまで一時期には役員も務めさせていただいた日本歌曲の会では、新作の歌曲はす

 べて「首都圏を中心とする標準アクセント」に従うことを原則としていて、この作品も含め

 僕の歌曲作品は、関西弁による幾つかの作品以外は、全てこの方針に従っていますが、こう

 いう有節形式の歌曲でも、それを守るべきかどうか、判断の難しいところです。「からたち

 の花」では、厳密にアクセントに従って、異なるメロディを書き分けた山田耕筰が、「あか

 とんぼ」ではメロディの書き分けをせずに、第3節の「十五でねえやは嫁に行き」を敢えて

 「十五でねえやは夜目に雪」と誤聴されるリスク?をものともせずに、メロディをそのまま

 にした事を、僕は「耕筰の見識」として、心から評価・敬服しています。

 

・曲のコメントが最後になってしまいました。「冬の夜話し」(あえて「し」という送りを加

 えた詩人の配慮。これがないと「夜話」が「ヤワ」と呼ばれるかも知れず。)は、冬の夜寒

 に語られる登山男ヤマオトコの述懷です。‥‥‥(1) 風が戸を叩く冬の夜は 笛と喇叭を奏

   でながら むかしの山友トモが夢に現わる 山小屋ヤマヤのころが懐かしい  ‥‥いささか

 ぶっきら棒で、措辞にも仲間言葉が使われる男唄。湿っぽくない音楽を、これに配しました。

コメント
コメントする