[1812] 6月の演奏会(1)

  • 2018.04.27 Friday
  • 23:10

❖ 松本市での二十五絃箏の定期演奏会        ・この演奏会は終了しました

・6月8日(金) 午後7時開演

・ザ・ハーモニーホール(小) (松本市島内)

 

・松本市在住の二十五絃奏者・田中静子さんの、

 毎年恒例となったジョイントリサイタル、あり

 がたい事に、お付き合い始めてから、もう6年

 になるのですが、このブログを立ち上げてから

 でも、2014201520162017、 そして

 今年、と毎回、僕の作品を採り上げてくださっ

 ています。今年演奏される僕の作品は、すでに

 2014年に演奏された曲の再演です。

 

ヴァイオリンと二十五絃箏のための

          「風の里歌」(1995/2014)

 

・4年前のヴァイオリニスト降旗貴雄氏を、再び

 ゲストに迎えての再演です。N響の降旗氏の見事

 な演奏に、僕はすでに4年前に感服しています。

 今年のお二人の演奏も、きっと期待に背かない

 素晴らしいステージになる事を期待しています。

  故郷に帰ってきたような気分になれる程よいサイズの城下町・松本市を、今年また訪れる機会

 ができたのも、嬉しいことです。

 

・折しも前線の移動と重なり、雨とぶつかるかも知れない悩ましい空模様だったのですが、松本

 は曇り空、湿度は高いながらもヒンヤリとした風が吹き、さほど汗はかかず、思ったより快適

 でした(大阪と比べて空気がきれいなことが実感できます)。4年前と同じ顔ぶれのお二人の

 ジョイント、演目が異なったためコンサートの雰囲気が変わり、今回も充実した内容に堪能し

 ました。その中で僕の「風の里歌」だけは、前回と共通して今回も採り上げられ、再演されま

 したが、お二人に曲に対する把握が深まったせいでしょう、ずいぶんと自由闊達な、遊び心に

 満ちた、実に愉しい演奏を聴かせていただきました。作曲者としては、何もほかに言うことの

 ない満足と感謝で一杯でした。翌日はカラリと晴れた初夏の空。また来年の再訪を心に刻み、

 帰阪しました。

コメント
コメントする