[1816] 新しい作品の完成 (29)

  • 2018.06.21 Thursday
  • 17:59

❖ 海外での初演と出版が確定した三重奏曲

・この三重奏を完成したのは今年の1月10日、

 つまり昨年の暮れから新年にかけて、ずっと

 僕は制作に明け暮れていました。ひとまず完

 了してから、作曲を打診してきていた(委嘱

 者と呼んでも良いかも)ユーフォニアム奏者・

 アダム・フライ氏と連絡を取り、ダメ出しが

 あるかどうかチェックしてもらい、彼の演奏

 日程がタイトで、チェックに日時を要しまし

 たが、最終的に、向後のリサイタルで彼が仲

 間とともに初演、同時に彼の出版ブランド

 Euphonium. com Publications からの出版

 が決定しました。ご案内が今日まで遅れたの

 は、そのためでした。

 

・アルトサックス、ユーフォニアム、ピアノの

 ための 「琥珀色の間奏曲」(2018)

   " Amber Interlude " for alto saxophone,

     euphonium and piano (2018)

 

・コハクイロなどと日本語で呼ぶよりも、英語

 のままアンバー・インターリュードと呼ぶ方が簡単で、楽譜のタイトルも英文がメインです。

 演奏時間約6分半の親しみやすい小品ですが、上掲のサンプル譜を見ても気づかれるように、

 この作品、実のところは、2000年に作曲したサクソフォーン四重奏曲「風のアーケード」

 を、2014年になってフルート合奏のための「追憶の季節」**にリメイクし、それを更に

 今回、alt-Sax, Euph, Pf のためのトリオにリ・リメイク?したもので、ピアノが加わること

 によって、響きの作り方の発想を今回は大幅に更新しなければならず、とても苦労したのです

 が、その一方で、自分にとっては親しい楽器・ピアノが加わることで、伸び伸びと音楽をリ

 ライトすることができました。古代の樹脂が化石化した琥珀アンバーには、時おり、中に昆虫

 などが閉じ込められて化石になっています。過ぎ去った遠い記憶を、ふと懐かしく我々に想い

 出させてくれる、この間奏曲‥‥‥まさに追憶の一刻ひとときと呼ぶことができるでしょう。

 この秋には楽譜が刊行される予定なので、その折に改めてまた、ご案内させてください。

 

  *「風のアーケード」(2000)は、トピック[1728] で紹介している、大阪芸大時代の教え子の

  辻本剛志氏らトゥジュール・サクソフォーン・カルテットの諸氏によって同年3月初演。

**「追憶の季節」(2014)は、8月に完成東京初演関西初演東京再演名古屋初演など。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM