[1818] 新しい作品の完成(30)

  • 2018.08.03 Friday
  • 15:20

❖ 創立60周年記念のための委嘱作品

・トピック[1815] でも紹介した豊中市合唱協会

 は今年で創立60周年を迎えます。毎年恒例の

 12月に、今年は記念式典を持たれる予定です

 が、その演奏会において記念のための新曲を、

 会員有志によって演奏披露される案が出され、

 作曲の打診がありました。とても光栄なこと

 なので、旧知の詩人・池田もと子さんに相談

 したところ、さっそく「野の花がすき」とい

 う素敵な詩稿を送ってこられました。

 

・野の花がすき

 まだ北風の吹く早春に

 春を告げてくれる

 はこべの花

 澄んだ青い瞳で咲く

 いぬふぐりの花

 

・これが第1節で、同じ形の節が2節続きます。

 簡潔で素直な情感に溢れた詩篇なので、すっ

 かり気に入ってしまい、これをテキストとして

 女声2部合唱の作品を制作し、提供させて頂くことにしました。

 

・素朴な詩篇に作曲するとき留意すべきは、決して曲が安易なものに堕してはならない、と

 いう事です。そのために、すくなくとも1番と2番は、語彙のアクセントに極力従いながら

 同じ旋律の中に言葉を自然に収め、A-A-B のような構成(バール形式)で、この短曲をまと

 める事でした。気に入った詩なので、直ぐにでも完成できると思っていたのですが、その後

 大阪北部での強い地震や、連日の猛暑による体調不良が長引き、着手してから12日後の7月

 25日に、ようやく4分弱の二部合唱曲を完成しました。苦労しましたが、まずまず小品とし

 ては「壺中天」とでも呼ぶべきか、まとまった世界が表現できたと思っています。 

 

・ようやく「現物」ができたので、これから会員の参加者を募って練習に入ってくださるとの事。

 今年の12月9日(日)に予定されている演奏会に、果たしてどのように初演して頂けるのか、

 今後の進捗を期待しているところです。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/08/22 3:19 PM
コメントする