[1819] 10月の演奏会(1)

  • 2018.09.10 Monday
  • 14:56

❖ 花言葉に寄せる1989年の愛奏小組曲   ・この演奏会は終了しました 

・10月7日(日) 午後1時30分

・紀尾井町サロンホール(メトロ麹町駅)

 

・昨秋11月に開催された「第2回東京タワー・

 文化フェスティバル」には、僕も新作を提供

 させて頂きましたが、その折に僕のマリンバ

 作品を演奏してくださった高橋治子さんが、

 今回「マリンバで奏でる世界の名曲」という

 タイトル、石田和男氏のピアノで、リサイタル

 を開催されます。

 

・ゆったりとした午後のひと時にふさわしい愛奏

 の曲を選んでおられるのですが、思いがけず、

 前回のフェスティバル絵で演奏していただいた

 僕の作品も、今回のプログラムに加えて下さっ

 て、しかも今回は組曲の全4曲を演奏されると

 の事、「世界の名曲」とは荷が重すぎますが、

 名曲に挟まれた息抜きの小品として、皆様に

 愉しんでいただければ、幸いだと思っています。

 

・マリンバとピアノのための組曲「四季の花そして花言葉」(1989)‥‥‥29年以前の拙い組曲

 ながら、全体で約12分に収まる聴きやすい作品です。すでに楽譜も出版されているので、次の

 [1820]において、内容を紹介させてください。ともあれ、お二人のご成功を祈っています。

 

・演奏会には伺えませんでしたが、その一週間前のリハーサルに立会わせて頂きました。4つの

 楽章それぞれの個性を、お二人とも能く把握されていて、作曲者としては何も言うことのない仕

 上がりでした。当日も盛会だった由、おめでとうございました!高橋さんには今後も、僕のマリ

 ンバ作品の楽譜を提供し、演奏会で採り上げていただこうと思っています。
 

コメント
コメントする