[1824] 新しい作品の完成 (32)「ふるさと遠く」

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 01:12

❖ 尺八と箏による序破急の3章

・今年の正月に岸和田・自泉会館で和洋合奏の

 演奏会があり、その時にピアノと尺八で伴奏

 する僕の歌曲が1曲演奏されたのですが、そ

 の時はじめてお付合いさせていただいた琴古

 流尺八奏者の小林鈴純師は、僕のいる豊中市

 の隣の吹田市で、父君とともに尺八の製管師

 としても活動しておられ、また僕の旧くから

 の楽友・折本師とも親しい誠実な演奏家です。

 

・その彼から程なく連絡があり、来年3月に予

 定されている郷里・加東市での演奏会のため

 に、尺八と箏による二重奏曲を書いてほしい

 とのこと、折から折本氏からの作曲依頼とも

 重なって戸惑いましたが、何とか頑張ってみ

 ようとばかり、お引受けしました。

 

トピック[1821] でお報せした折本氏への提供

 作品を完成し、譜面を浄書し、折本氏に送った

 のが8月20日、それから時を経ずして、この

 二重奏曲の制作に着手しました。

 

・幸い、作品のコンセプトと凡その曲のイメージが、その頃までにまとまりつつあったので、

 全3楽章からなるこの作品を月末8月31日に完成することができました。そして委嘱者の

 小林氏に9月6日に譜面を発送することが出来ました。

 

・誰の心にもある生まれ故郷への愛着、その想いの陰影を3つの章で捉えてみました。

 

・尺八と箏のための組曲「ふるさと遠く」(2018)

     1. 峠の別れ  2. 望郷の無言歌  3. 絆あらたに

 

・愁いを帯びた第1章から始まり、章を重ねるごとに音楽は活気を増し、第3章では

 故郷の人々との堅いきずなを確信して終わる「前向きな」流れに乗って音楽が進み

 ます。中間の第2章では、僕が高校時代の終わり頃に試みた習作の歌「ふるさとの」

   (1955)を、歌唱なしでメンデルスゾーンに代表されるような「無言歌」として尺八

 が演奏します(もともとは石川啄木の短歌3首につけた歌の曲です)。歌のパートを

 尺八で吹く小林氏には加東市が、僕には終戦の年まで生まれ育った福井市が、そして

 聴き手の方々にとっては、それぞれの懐かしい郷里の街が、浮かび上がる事でしょう。

 

・来年3月10日(日)にこの作品は加東市で初演の予定です。できればそれまでに、マ

 ザーアース社から出版したいと考えています。いずれまた、逐次お報せする予定です。

コメント
コメントする