[1825] 10月の演奏会(3)

  • 2018.09.20 Thursday
  • 00:44

❖ これまでの成果を初めてのリサイタルで ・この演奏会は終了しました

・10月6日(土)午後6時開演

・エル・オオサカ プチ・エル

 

・すでにトピック[1814] でお報せしていました

 が、ユーフォニアムのために作曲した24年前の

 作品が、まもなく再演されます。

 

・ユーフォニアムとピアノのための

           「銀河はるか」(1994)

 

・ユーフォニアム奏者の小野康行氏は、大阪国際郵

 便局の要職に就きながら、これまで人生第2の職

 業として、ユーフォニアム一筋に歩んできた楽友、

 国内でのコンクールにも入賞され、技術が高く評

 価されています。僕の曲を含め邦人作品 を3曲プ

 ログラムに取り入れ、満を持して、とても意欲的

 なステージを企画しておられます。ピアノを受け持

 つのは、若い前川祥平氏で、聞けば彼は大阪芸大の

 卒業とか。すると、僕が勤務していた2005年より

 後の入学ですね。お二人のご成功を祈っています。

 

・10月というのに夏の暑さがぶり返した日でしたが、幸い雨にはならず、小さな会場が大勢のユー

 フォ仲間たちで埋まる盛会となりました。個人のリサイタルを開催するのは初めてだった小野氏

 にとっても記念すべき一夕だったことと思います。全体の選曲についても、意欲的な邦人作品が

 4曲、その他には皆の知っているメロディを、ユーフォ特有の誠実な歌心に乗せて、無理のない

 ステージでした。ユーフォ、ピアノともに、今後さらに技術を磨いて行かれると良いと期待して

 います。今回の僕の曲は、主題となる音型が上に5度跳躍して、さらに続いて5度跳躍する(結

 果的には、最初の3つの音で一気に10度跳躍)という、やや「嫌な」動きだったので、苦労され

 たかも知れません。次回には、もう少し気楽に演奏できる曲を提供しようと思っています。とも

 あれ、ご成功おめでとう!さらなる進展を祈っています。

 

 

コメント
コメントする