[1826] 10月の演奏会 (4) (5)

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 23:01

❖ 秋の清興を17弦の響きに乗せて

(上)・10月14日(日)午後2時開演

   ・滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 小ホール

                (京津線石場) 

(下)・10月27日(土)午後2時開演

   ・京都府立府民ホール アルティ

               (烏丸一条下ル)

 

・ひとつは「アンサンブルの楽しみ」と題して、

 10組の若手アーチストが、得意の曲を持ち寄り

 全体として壮大なアンサンブルのひと時を楽し

 む、という企画。洋楽器、和楽器、民族楽器、

 合唱、など多彩なステージが用意されています。

 

・もう片方はムジカA・国際音楽協会の若手会員

 3名の皆さんによるジョイント・リサイタルの

 試み。

 

・この両方の演奏会に、僕の楽友・麻植美弥子

 さんの愛娘の麻植理恵子さんが出演し、僕が

 11年前に彼女のデビューを祝って書いた旧作

                      を、想いあらたに再演されます。 

 

・十七絃独奏のための「秋風の箏」(2007)

 

・この作品は、2011年に一部改訂を行ったのち、

 2014年にはマザーアース社から出版され、この

 ブログにおいてもすでにご案内しています。

   古今集に収められた壬生忠岑(ミブノタダミネ)

 の和歌に啓示されて、短期間に完成した、いわば

 即興曲のような内容ですが、古来から親しまれた

 陰旋法のもとで、日本的情趣に流れる事を避け、

 秋風に誘われて生じた恋人への憧れの気持、心の

 波風といったものを、テンポ感やリズム感で捕ら

 えてみました。バッハの無伴奏チェロ組曲を弾く

 ような心の立ち位置で、この曲を解釈するのも、

 面白いのではないでしょうか。

 

・この曲を初めて初演した11年前のデビュー当時の

 理恵子さんも、今では人の母。‥‥ 年輪を重ねた

   絃の音色に期待を込めつつ、ご成功を祈っています。

 

 

 


 

コメント
コメントする