[1829] 11月の演奏会 (1) (2)

  • 2018.10.19 Friday
  • 00:41

❖ 箏の音をバックに朗読詩の再演

(上)・11月4日(日)午後1時開演

   ・呉竹文化センター

         (京都伏見・京阪丹波橋)

(下)・11月23日(金)午後2時開演

   ・ザ・パレスサイドホテル

         (京都・烏丸下立売上ル)

 

・京都府盲学校・大阪音楽大学を卒業後、多年に

 わたって視覚障害者の福祉・啓蒙活動を続けて

 おられる梶寿美子さんが、この秋も二つの会で、

 僕が梶さんのために書いた18年前の作品を、再

 々演してくださいます。

 

・ひらのりょうこの朗読詩による「おゆき」

                   (2000)

 

・この曲は昨年の暮れ、およそ12年ぶりに大阪で

 再演され、幸運にも、翌年2月NHKfm「邦楽の

 ひととき」でも採り上げられ、放送されました。

・今年の二つの演奏会は、チラシにも示されてい

 いるように,11月4日のは第136回勤労者音楽祭

 での特別企画としての招待演奏、この「おゆき」

 が中心になっています(プログラム500円)。

 また11月23日のは、歌手江藤ゆう子さんによる

 ホテルコンサート(3000円)にジョイントする形

 で、箏の音色が寄り添う企画です。どちらの会に

 おいても、無事ご成功を祈っています。

 

コメント
コメントする