[1831] 9月の演奏会(1)追加

  • 2018.10.22 Monday
  • 18:16

❖ 今回は新潟で Cl/K tの二重奏が採演    ・この演奏会は終了しました・事後報告です

・9月23日(日・祝)午後2時開演

・だいしホール(新潟市中央区南堀前通7番町)

 

・前トピック[1830]に続き、この項も事後報告

 になりますが、僕にとってとても嬉しいのは、

 初めて新潟という都市で僕の作品を演奏して

 もらう事が実現した、という点です。これも

 先日なにげなくWEBをサーフしていたら、こ

 のセンスのいいチラシに遭遇し、この紙面に

 は載っていないのですが、付随データを見る

 と、僕の作品が採演される予定になっていて、

 昨年暮の東京再演に続く予期せぬ驚きでした。

 

・クラリネットと箏のための「巷歌拾遺」(1982)

 

・バロック期の教会ソナタの構成に準じて、緩〜

 急〜緩〜急 4楽章で書かれた内容ですが、

 今回の皆様は、この中から1と4(緩と急)の

 2楽章を選んで演奏してくださっています。

 

・このチラシからも伺えるように、クラリネット2本と箏とピアノ、という、極端に言えば

 "想像を絶する!?" 楽器編成で、これまで活動を継続発展してこられた「しもほんちょう四重

 奏団」の皆様に、さしあたっては高橋光枝(Cl)/奥村京子(Kt)のお二方に、心から感謝したい

 と思っています。「朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや」という孔子の言葉が、いま

 心に響き、偶然のご縁をたいせつにしたいと思っています。有難うございました!
 

コメント
コメントする