[1832] 11月の演奏会(3)

  • 2018.10.22 Monday
  • 21:53

❖ 55周年目の箏アンサンブルの能楽堂公演 ・この演奏会は終了しました

・11月23日(土)午後1時開演

・奈良春日野国際フォーラムIRAKA---能楽ホール

         (大仏殿交差点東、奈良公園内)

 

・永年の楽友・吉岡紘子さんが率いる「吉岡綋子

 &ぐるーぷ・いぶき」の皆さんによる定期公演、

 今年は会場が能楽ホールに決まり、多数の楽器

 を能舞台にあげるのが憚られるために、小編成

 のプログラムが14ステージ用意されています。

 どの曲目も「いぶき」の会でたいせつに弾込ま

 れてきた充実した内容が揃っていて、いつもと

 は雰囲気の異なる能楽堂での演目に、相応しい

 ものだろうと思っています。東京で活躍してい

 るメンバー・重成礼子さんはみずから作曲した

 作品を演奏されるとか、これもこのぐるーぷの

 活力を示すバロメータの事例でしょう。

 

・吉岡さんのために書いてきた僕の曲も、有難い

 事に今年は2作品が採りあげられています。

 

・(1) 独奏二十絃のための「内なる異境へ」(1987)

・(2) 二十絃と十七絃のための「双樹」(1989) 

 

・作品ができてから既に30年が経とうとしています。「双樹」はそれから後も多くの演奏者に

 愛好されて、幸いにも幾度となく再演されたり、CDに収録されたりしていますが、「内なる

 異境へ」の方は、その後、吉村七重さんが一度ステージで採り上げてくださった幸運を最後に

 近年はお蔵入りでした。タイトルからも推察できるように、あの頃まだ現代音楽の基調だった

 無調での書法が、この作品にも尾を引いていて、この曲が何だか取っつきにくい印象を与えて

 いるのかも知れません。ともあれ、久々に自分の昔の姿に逢えるのを期待しているところです。

 

・どうでも良い事ですが、今回のチラシの画面が「華やかな」箏のイメージから程遠く、確かに

 タイトルには「‥‥‥多様な箏の音色に魅せられて」と要点を押さえたキャプションが付いて

 いて問題ないのですが、奈良県大音楽祭参加のチラシながら彼女の想いが垣間見えて、僕には

 とても興味ふかく感じます。どうか当日まで体調に留意され、大きな成功を収められますよう!

 

・吉岡綋子先生、お疲れ様でした!奈良には、素晴らしい場所に、素晴らしい公共の演奏会場が

 あるのですね。能楽舞台なので、たしかに多人数での演奏は出来なかったようですが、却って

 室内楽的な密度の高い作品を、最弱音でもよく通るこの舞台で実現され、印象的でした。季節

 が季節だけに、当日体調を崩された演奏者もおられたとか聞きましたし、僕自身もう少し客席

 が暖かければ、さらに良いのにと感じたのですが、僕の2曲の作品を含め、変化のある曲目の

 流れを楽しませていただきました。また、現在は東京で活躍中の重成礼子さんには、僕も東京

 での公演の時に何度も演奏を依頼、お世話になっていますが、今回はソロの箏曲を自作自演、

 みずからに誠実な無理のない曲趣に、とても共感を覚えました。門下生の皆さんが、このよう

 に自由に育っておられる事に敬意を表します!どうかご健勝にてお過ごしください!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM