[1834] 12月の演奏会(1)

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 01:14

❖ 恒例の邦楽作品展、今年は40回記念公演 ・この演奏会は終了しました

・12月1日(土)午後1時30分開演

・大阪キタ 朝日生命ホール(北区高麗橋)

 

・この10年間というもの、会場提供側のご好意

 もあって、例外なく同じ会場で、12月第1土曜

 の午後に開催を続けてきた本公演も、今年は節

 目の40回目の舞台。僕が入会したのは2007年

   でしたが、それから数えても既に11年が経過し

 ています。お陰で、邦楽に関する貴重な知見を

 実際の音楽を通して身につける事ができ、自分

 の曲作りにも役立っています。

 

・昨年の公演では、箏の弾き語りの作品を聴いて

 いただき、梶寿美子さんによるこの演奏は後日

 NHK大阪fmでも採り上げて放送して頂きました

 が、今年の演目は、すでに奈良での初演・再演

 が終わっている次の作品を、室内楽バージョン

 のサウンドで聴いて頂くことにしました。

 

・邦楽合奏のための「万葉やまと春から春へ」(2016)

 

・11月23日にも公演が予定されている「吉岡綋子&箏あんさんぶる・いぶき」の皆さんに尺八

 の客演が加わり、総勢17名の小編成ながら少数気鋭のメンバー、歌も大合唱ではなく、マイク

 を通しての独唱という試みで、新バージョンでの初演です。素朴で大らかな奈良万葉の情景が

 今回の40回記念に華を添えるよう期待しています。

 

・このところ晴天が続いていて、当日も初冬らしい寒さと暖かさが混じった午後となりました。

 ありがたい事に、この我々の邦楽作品コンサートは、年を追うごとに聴衆の皆様が多くなり、

 また会場でのマナーも良くなり、出品者にとって得るところの多い、また次の年もここでやり

 たい思うような(最初の頃は、会場の響きの粗末さが足を引っ張ったのでしたが)親しみが、

 年を追うごとに高まっています(僕だけの感想かも知れませんが)。さて、3度目の演奏と

 なる「万葉やまと」でしたが、上記のようにわずか17名による小規模の演奏形態でも、それ

 なりの音楽のエネルギーが発揮され、歌もマイクで音を拾っての独唱でしたが、邦楽本来の

 発声法による声が、合奏の響きと自然に溶け合い、言葉がよく判り、とても良い雰囲気でした。

 祝祭的なムードで最後を歌い収め、トリの野村祐子さんのメドレー「ふるさとの風」にバトン

 タッチできたのも、聴衆の皆さんには好印象を持っていただけた事と思っています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM