[1836] 11月の演奏会(5)追加

  • 2018.11.19 Monday
  • 11:43

 マンドリンと歌との心なごむ協演     ・この演奏会は終了しました・事後報告です

・11月18日(日)午後1時開演

・宝塚ホテル・ウィーン風ビアケラー

              (阪急宝塚南口)

 

・マンドリニスト粂井謙三氏とソプラノ松村雅子

 さんが、ご夫婦で毎年2回このホテルで開催さ

 れている門下生の演奏会「フレッシュ・コンサ

 ート」、僕の旧楽友の中江紗智子さんが、長い

 首都圏での生活からこちらに戻られたのを機に、

 松村先生に師事される事になったのですが、そ

 んな経緯があって、今回の第38回演奏会に僕の

 作品を採上げてくださいました。

 

・二重唱「月に寄せる子守り歌」(詩・貞松瑩子)

                                                         (2004)

 

・頂いたチラシでは詳しい事が判らず、たぶん中江

 さんと別の門下生の人とで歌われる(ピアノ伴奏

 で)のだろうと思って、ともかく会場へ伺ったの

 ですが、1926年創立の、歴史的にも風格のある

 宝塚ホテルでの、午後からビアレストランを借りきっての演奏会、会場にピアノはなく、歌曲

 のステージもすべて、マンドリンとギターやマンドチェロなどによる室内楽的な伴奏でしたが、

 これが想像以上に佳い響きで、全体を包み込むギターの低音が、こんなにも雄弁だとは思い

 がけない体験でした。

 

 午後1時に開演、全31ステージが終演したのは午後6時近くでしたが、門下生の発表会とは

 いえ、アットホームで、しかも指導の行き届いた立派な内容でした。ところで、上記の僕の

 二重唱、今年の4月にも京都で再演しているのですが、今回はなんと、松村先生が指導されて

 されている女声合唱団・エンゲルコアの皆さん(中江さんも中の一人です)の二部合唱に、ア

 ンサンブル・スマイルというマンドリン合奏の皆さんが加わって、とてもユニークで、しかも

 古典的な均整のとれた響きによる秀演、ゆったり目のテンポでしたが、ピアノに頼りがちな

 千秋次郎の世界がこういう楽器編成でも充分に表出できるるのだ、と知って驚きました。編曲

 してくださった方の抜群のセンスに敬意を表します。僕もずっと以前に、マンドリン・アンサ

 ンブル曲を試みた事があり、このご縁を機会に何かトライしてみたくなりました。感謝です!
 

コメント
コメントする