[1837] 来春1月の演奏会(1)

  • 2018.12.30 Sunday
  • 16:45

❖ 満を持しての清新リサイタル      ・この演奏会は終了しました

・2019年1月11日(金)午後7時開演

・兵庫県民会館 けんみんホール(地下鉄県庁前)

 

・尺八奏者として岳慶山、箏奏者として大人樹と

 言う二つの芸名を持つ、旧くからの楽友・折本

 慶太氏が、新年早々にリサイタルを開催される

 予定です。安定した演奏力で二代狩屋春樹師匠

 からも信望が厚く、山本春亜さんも加わっての

 演奏トリオ「邦ダッシュ」の一翼を担っていて、

 過去にも僕の作品を幾つか初演してもらってい

 ますが、今回は氏からの依頼で箏のソロの作品

 が欲しいとのこと、かなり苦労して若山牧水の

 短歌による小品を提供することができました。

 

・箏独奏のための「海を旅ゆく」(2018)

 

・曲の内容については、今年9月にアップした

 作品完成のトピックで解説していますが、兵庫

 県芸術文化協会「新進芸術家育成プロジェクト」

 の一環として開催される本会の成功を祈っています。

 

・折から関西にも寒波が襲来、寒い晩となりましたが、会場は開演7時前にほぼ一杯となり、熱心

 な聴衆のもとで、リサイタルとしては会心のご盛会ご成功、ほんとに良かったと思います。プロ

 グラムを見て知ったのですが、すべて折本氏の独奏による5つの舞台構成で、(1) 箏→(2)三絃→

 (3)尺八→休憩→(4)十七絃→(5)二十絃 となっていて、(1)が上記の僕の委嘱初演曲、(2)が彼の

 師匠・二世狩谷春樹作曲の委嘱初演曲、あとはすべて手慣れた彼のレパートリー‥‥‥今回の

 リサイタルに対する氏の意気込みが、この選曲でよく判りました。これはいわば、歌舞伎での

 「阿古屋の箏責め」の現代版?かも知れませんね。面白い企画だったと思います。氏には引続き

 3月に予定されている演奏会で、僕の作品を(この時には尺八との組曲で、箏のパートを)演奏

 して頂く予定で、再会が楽しみです。ますますのご活動を期待しています。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM