[1903] 3月の演奏会(2)

  • 2019.01.31 Thursday
  • 18:02

❖ 故郷への想いを序破急3楽章で     ・この演奏会は終了しました

・3月10日(日)午後2時開演

・やしろ国際学習塾 L.O.C.ホール

               (兵庫県加東市上三草)

 

・昨年1月の演奏会で僕の歌曲の尺八パートを

 吹いて頂いた小林鈴純氏は、加東市という兵

 庫県の山合いにある田園都市の出身で、故郷

 ではご母堂はじめ家族の方々が邦楽の教室を

 持っておられます。また、先日リサイタル

 開催した折本慶太氏は小林氏の親友、という

 関わりで、加東市の箏教室に専属でレッスン

 指導に通っておれらます。

 

・そのような経緯から、今回の演奏会のために

 尺八と箏による作品を委嘱され、昨年9月に

 完成したことは既にトピック[1824]で、曲

 の内容も合わせて、お伝えしていますが、

 

・尺八と箏のための組曲「ふるさと遠く」(2018)

 

 ・峠の別れ/望郷の無言歌/絆あらたに という3つの小楽章からなる、全体で10分弱の

 序破急3章が、この日ようやく初演の運びとなります。前トピック[1902]でお伝えしたよう

 に、尺八をオーボエに変更してのバージョン替え演奏が、ちょうど8日前に京都市で演奏さ

 れるのですが、本来の初演はこちらなので、僕も大いに期待、演奏の成功を祈っています。

 はじめて訪れる加東市の皆様とも、これを機に新しい絆が生まれることを期待しています。

 

・春に三日の晴れなし、という言い伝えがある通り、数日前からの気象予報が的中し、前日の

 好天が一変、朝からナーバスで寒々とした空となり、演奏会の始まる午後には小雨も降って

 きましたが、年に一度の邦楽教室の発表演奏会は、近隣からの聴衆の皆さんで大盛会となり

 都市の演奏会とは格別の、熱心な地域の絆が感じられる良い演奏会となりました。東条湖ラ

 ンドのある北播磨の加東市へは、僕も今回はじめて加古川線というJRに乗って各停約60分、

 社町ヤシロチョウと言う、駅前にはファミマもローソンもなく、ただ駅があるだけの、僕に

 とっては実に懐かしい(自分の高校時代を思い出させる)下車駅から、迎えに来てくださっ

 た車で瀟洒な市立の会場に入りました。尺八の小林氏が加東市の出身、親友の折本氏が、こ

 この箏曲教室で指導されているという関わりで、今回僕の作品を初演して頂いたのですが、

 心のこもった初演となり、大成功でした。さらにこの曲は、年末12月7日に予定されている

 恒例の「関西邦楽作曲家協会」の作品演奏会でも、お二人によって再演していただきます。

 帰途には冷たい小雨が降りだし、天候には恵まれませんでしたが、かえってそれが後日まで

 心に残る小旅行の一日となりました。加東市の皆様に感謝の意を表します。


 

コメント
コメントする