[1907] 5月の演奏会(2)

  • 2019.03.23 Saturday
  • 18:55

❖ 本部振興会主催の春の公演       ・この演奏会は終了しました       

・5月30日(木)午後6時半開演

・渋谷区文化総合センター大和田

         伝承ホール(渋谷桜ヶ丘)

 

・我々の日本歌曲活動の数年前まで本部機能を

 果たしていた(現在も実質はそうですが)現

 在の名称「日本歌曲振興波の会」が主催する

 春の公演が、今年も開催される運びとなりま

 した。毎年の秋に開催される新曲を発表する

 「秋の定演」とは異なり、この季節には、当

 会で生まれた新作歌曲の再演を中核に、日本

 歌曲の名曲を取り揃え、出演する歌手にむし

 ろ重点を置いて、選曲を含めた全体の構成が

 行なわれます。

 

・たまたま今年は僕の3年前の歌曲が1曲、採

 り上げられる事になりました。

 

・「花水木の手紙」(詩・吉田義昭)(2016)

 

・哀歓に満ちた過去と決別し、この先の未来へと旅立とうとする人生の決意を、平易な言葉で

 むしろ爽やかに歌い上げる曲です。この曲を書いた2016年は、我々の会が経済的な見通しの

 もとで、法人組織を続けられなくなり解散を決断した年で、僕はその時の副会長の席にあり、

 心身ともに苦労を重ねた一年でした。法人組織としての最後の公演(秋の定演)で、この曲を

 初演、演奏者は当時からすでに会長を務めておられた本宮寛子さんでした。幸いにも組織の解

 散が無事に進捗し、3年が経とうとしています。2018年に出版した「千秋次郎歌曲集2」

 冒頭にこの作品を掲げた自分の想いが、また今回の演奏会で再演されるのは、大きな慶びです。

 

・この演奏会も別の予定が重なり、本番には伺えなかったのですが、その事が前もって判ってい

 たので、演奏者お二人の予定に合わせて本番の約1か月前に、西日暮里の練習スタジオに伺って

 仕上がり経過を聴かせていただきました。ピアノの片岡和子さんには以前にも、この会でお世

 話になっていますが、歌ってくださるソプラノの松岡薫さんは今回が初めてなので、とても期

 待して伺いました。中音域に声量がたっぷりあり、とても充実した演奏で、すっかり嬉しくな

 りました。出だしをあまり慎重に重くならぬよう、無音の空間に音がサッと何気なく割り込ん

 でくるように(モーツァルトのピアノ・ソナタがそうであるように)音楽を始めてほしいと伝

 えました。お二人とも、僕のイメージに添ってすぐに対応してくださるものですから、大安心

 して練習室を辞しました。すでに数日前に演奏会は終了しましたが、すてきな成果を収められた

 事と思います。後日送られてくる録音資料をいまは楽しみに待っています。お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする