[1911] 6月の演奏会(2)

  • 2019.06.22 Saturday
  • 14:58

❖ 高・低、二つの二十五絃と三絃の競演   ・この演奏会は終了しました・事後報告です

・6月14日(金)午後7時開演

・ザ・ハーモニーホール(小ホール)(松本市島内)

 

・松本市で活動を続けている田中静子さんが企画、

 毎年近在の演奏仲間とのアンサンブルを主体に

 しての二十五絃箏の演奏会、今年もヤマボウシの

 白い小花が満開の公園の中の慣れ親しんだホール

 で、充実したプログラムによる演奏会が開催され、

 盛会のうちに終幕しました。本来なら、もっと早

 くに紹介すべきでしたが、5月あたりから体調を

 崩し作業が遅れてしまい、事後報告となりました。

 

・今回採り上げていただいた僕の作品は、

 (1) 二十五絃箏のための箏歌

   「牧水海声譜」(2015)(和歌/若山牧水)

 (2)三重奏曲「青葉の波」(2017)

   の2曲で、田中さんが弾き歌いした(1)は、

   の演奏会で初演されたものですが、今回の再演

   は、音楽がより深く彼女のものとなり、透明な日

 本語らしい発声と相俟って、感銘深いものでした。

 また(2)の作品は、箏と17絃のパートを、それぞれ高/低の25絃が受け持ち、今回の演奏のため

 に、華やかに発展する中間部を新たに付けたので、音楽全体がとてもクリアな響きで、説得力の

 あるものになりました。低音25絃箏の佐藤由香里さんと三絃の有賀喜栄さんのお二人ともに、

 素晴らしい洋楽的な音楽センスを保持しておられ、あまり邦楽的とは呼べないパッセージやリズ

 ムを、難なくこなして下さって、今回の改定初演が成功したこと、心から感謝しています。
 

コメント
コメントする