[1921] 11月の演奏会(1)

  • 2019.08.26 Monday
  • 12:51

❖ 恒例の新作歌曲の初演会

・11月1日(金)午後6時開演

・紀尾井ホール(東京四ツ谷)

 

・新しい社団組織に生まれ変わって3年目、日本

 歌曲振興波の会の第3回定期演奏会が、今年も

 新作12曲を携えて、優雅な紀尾井ホールの舞台

 で、開催される運びです。

 

・3年前まで、一般社団法人だった頃の副会長を

 務めていた僕でしたが、危難の転換期を何とか

 乗りきり、新組織に移行してゆくここ数年を、

 名誉会員の立場ながら、会員数の減少した状況

 をサポートする意味で、作曲会員に混じって、

 新作の提供を続けてきました。

 

・嬉しい事に、その後皆さんの努力によって会員の

 数も次第に増加、経営的にも安定した状態に到達

 した現状で、ようやく自分の責任も、これで果た

 せたか、と安堵しています。新作を提供する事も、

 新しく入会された作曲会員の皆さんに席を譲るべく、

 今回を最後にしようと考えています。自分には関西波の会での活動の場が残っているので、

 そちらの方で頑張るつもりです。

 

・さて、今回の僕の新曲ですが、トピック[1908]で紹介したように、木村 雄氏の詩による愛品:

          「日暮れ野原」(詩・木村 雄)(2019)  です。

 

・腕白な少年の思い出ソング、とでも呼べるでしょうか。過ぎた日の輝き、何かを失っている今の

 自分‥‥‥ほろ苦さを内に秘めた、どこまでも元気な歌です。歌唱をテノールの川久保博史氏、

 ピアノを藤波結花さんの、僕にとっては初対面ですが、素晴らしい二人が初演して下さいます。

コメント
コメントする