[1923] 10月の演奏会(2)

  • 2019.08.28 Wednesday
  • 03:15

❖ 7月完成の作品初演(東大阪版)           ・この演奏会は終了しました

・10月20日(日)午後12時30分開演

・東大阪市文化創造館 (近鉄八戸ノ里駅)

 

・偶然なのか昨年と同じ日ですが、今年もまた

 東大阪市合唱連盟による市民合唱祭が開催の

 運びとなり、楽友・中谷淑子さんが指導され

 るれマードレ・エコーの皆さんによって、先

 に紹介した僕の女声2部による合唱作品が、

 5月に改元された令和の幕開けを祝して、

 披露・初演される予定です。

 

・女声合唱曲「令和の梅の花」

        (原典/万葉集第5巻より)(2019)

 

・作品の完成の事を記したトピック [1918] に、

 曲の成立の経緯を書いていますが、初演は大阪

 府内の2箇所、東大阪と豊中のそれぞれの女声

 コーラスの皆さんによって披露されます。

 

・豊中での初演は2ヶ月後の12月なので、まだ

 ゆとりがありますが、手書きの譜面を双方の合唱団に渡したのが 7/11だったので、マード

 レ・エコーの皆さんには時間がない中での練習、ほんとに大変だった事と思います。幸い、

 中谷淑子さんの指揮・指導の宜しきを得て、熟達のピアノ伴奏者にも恵まれ、この日の初演

 を成功裡に導いてくださる事と、心から期待しています。

 

・初演1に相当する東大阪市での公演が、無事終了しました。会場となった東大阪市文化創造館

 は、僕にとっては初めて訪れたホールでしたが、アクセス至便の、とても響きの良いホールで、

 すっかり気に入りました。地域の市や教育委員会が後援する、いわゆる「文化祭参加事業」は

 どこでもそうですが、今回の東大阪の「2019合唱祭」も、17の合唱団体が参加されて、朝から

 ローカルの賑やかな雰囲気に包まれ、各団制限時間いっぱいの中で1年間の成果を演奏・発表、

 出番が終わった後は、舞台衣装のまま記念写真を撮る、という、毎年のことながら、傍目にも

 その愉しさが伝わって来る、まさにハレの「お祭り」の1日でした。

 

・われわれのマードレ・エコーの出番は午後2時ころでしたが、やはり楽友・中谷さんの指導が

 適切で、少人数にもかかわらず、万葉集の和歌の歌詞が明瞭に聴き取れ、すっきりと聴けました。

 常任ピアノの茶園千華子さんも、今回も絶妙なバランスで、二重唱を盛り立てて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする