[1924] 9月の演奏会(3)

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 22:58

❖ 京大音研関東支部のロビーコンサート   ・この演奏会は終了しました 事後報告です

・9月23日(祝・月) 午後1時30分開演

・川口総合文化センター・リリア 催し広場

(川口市川口3丁目、JR京浜東北・川口駅西口)  

 

・京都大学音楽研究会、略して京大音研の同窓会

 は、僕も会員の一人ですが、その関東支部の有

 志が、第15回「楽に寄すコンサート」と称して、

 先月、埼玉県川口市の広場を借りて、総勢10名

 余でのロビーコンサートを持たれました。

 

・大学での学業を全うせず、途中から道を外れて

 現在に至っている僕とはことなり、京大音研の

 諸氏はそれぞれの分野で優れた業績をあげられ

 た社会人、音楽はいわば余技に過ぎませんが、

 プログラムでの演目を見ると、リスト「夕べの

 調べ」、ベルクの初期の歌曲集から、クライス

 ラー「麗しのローズマリー」他にもオペラから

 のアリアなど、多種の楽器による多彩な演目が

 並んでいて、当日も聴衆の皆さんに楽しんで頂

 き、盛会だった様子が想像されます。

 

・今回のコンサートでは、たまたま僕の旧作の歌曲を1曲、演目に加えて頂けました。

    ・「ひろった えんぴつ」(1986)(詩・いわきたろう)

 どこかに落ちていた、他人の使い古しの鉛筆に寄せる情感の起伏を、バウンスする3拍子で

 歌う、全音楽譜出版社版「千秋次郎歌曲集1」所収の童謡タッチの小品ですが、一服の清涼剤

 のように大曲の中に挟まれて、聴衆の皆さんの心に届いた事でしょう。歌ってくれた後輩のT氏

 (上記のリストを演奏した彼ですが、現在は歌唱も習っているとか)に、拍手そして感謝です。


 

コメント
コメントする