[1926] 11月の演奏会(2)

  • 2019.10.11 Friday
  • 16:03

❖ 7年ぶりに千秋邦楽作品を7曲揃えて ・この演奏会は終了しました

・11月9日(土) 午後2時開演

・伏見桃山 ラ・ネージュ(JR奈良線桃山駅)

 

・自分の作品だけが演奏されるなどという機会

 は、めったにない事なのですが、2012年秋に

 箏の大西瑞香さんが地元・鳥取の演奏仲間と

 共に僕の邦楽作品6曲を取り揃えて、境港市と

 東京すみだトリフォニー(小)で「うたがたり」

   と題してのリサイタルを開催してくださいまし

 た。そして、この秋10月には、和歌山で活動を

 続けておられる東 美哉子さんが中心となって

 関西で活動中の邦楽仲間と共に、左掲のような

 サロン演奏会を、伏見桃山の隠れ家的なミニホ

 ールで、開催してくださる事になりました。

 

・7年前の大西さんらのリサイタルも同様でしたが、

 今回も僕の方に前もってのご連絡はなく、僕も最

 近になってのご連絡で初めて知ったような訳でし

 たが、何はともあれ、思いがけずも、とても名誉

 な事で、ありがたく感謝しています。

 

・(1) 午後のバッハ (1976)‥‥‥‥‥‥‥‥‥箏1, 箏2   

 (2) 風のはなびら (詩・村田寿子) (2010)‥‥歌, 箏

 (3) 花のひととき (1998) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥箏, 三絃

 (4) 双樹(1989) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥十七絃, 二十絃

   (5) 野分のまたの日 (文・清少納言)(2010) ‥ 語り, 箏

   (6) 秋のエムブレム (1994) ‥‥‥‥‥‥‥‥尺八, 箏

 (7) 夢の花橘 (和歌・和泉式部) (2007) ‥‥‥歌, 箏1, 箏2, 十七絃, 尺八

 

・上記の7曲、1976年から2010年にかけての、今では旧作に属する作品ばかりですが、東さん

 が出版楽譜をもとに、ていねいに今日まで仕上げてこられた入魂の演奏で、親しいお仲間との

 アンサンブルで、充実したひとときを愉しませてくださる事と思います。定員40名の予約制の

 演奏会ですが、ご関心を寄せて頂けそうであれば、mova: 090-8141-6350へお問い合わせを。

 

・天候が回復、寒いような秋日和となり、定員40名のラネージュ・サロンもほぼ満席の聴衆の皆

 様を迎え、アットホームな雰囲気の中で、滞りなく全7ステージの演奏を終了する事ができまし

 た。器楽のみの作品と、歌や語りを伴う作品とが、ほどよく交互し、楽器の組み合わせも二重奏

 ・三重奏の他に、トリには出演者全員による歌入りの五重奏があり、お客さまには楽しんで頂け

 た事と思います。僕自身にとっても、(1)(3)(5) などのナンバーは久々の再演で、過ぎ去った思

 い出が呼び覚まされる懐かしいひと刻でした。出演者の皆さまに、心からの感謝です。

コメント
コメントする