[1927] 11月の演奏会(3)

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 08:10

❖ 4人の遭遇・ありえんおもろい!演奏会 ・この演奏会は終了しました 事後報告です

・11月19日(火)午後7時開演

・教団 天満教会(大阪・南森町)

 

・僕の旧作が再演される予告に、インターネッ

 ト上で思いがけなく遭遇しました。チラシに

 もあるように、生まれ・育ち・学び舎・年齢

 さらに持ち楽器、がそれぞれ異なる4人の演

 奏家が一度だけ結集して「ありえんおもろい」

 (有り得ぬ面白い)演奏会を開くという試み

 なのですが、僕の目から見れば4名とも今後

 の活躍がおおいに期待される若者たち、特に

 違和感も無く、嬉しい事に当夜のプログラム

 には、ユーフォニアムとマリンバのために造

 った自分の作品が採り上げられていたので、

 予定がないのを幸い、扇町公園にほど近い日

 本キリスト教団天満教会に伺いました。

 

・当夜のプログラムに記された記事によると、

 4名の皆さんは、東南アジアの子供達に本

 物のオーケストラ体験を届けるというNPO

  法人活動に参加しておられ、共通の目標をめざす過程で、このような親密な演奏会を企画

 された事のようです。8つのステージからなるプログラム、難曲に近い近代の独奏曲あり、

 ピアソラのステージを今回の4楽器に移しての演奏あり、また4ステージは邦人の作品で

 いずれも面白く、この中の1曲が、スイスの新進の演奏家のために書いた僕の旧作で、

 

・マリンバとユーフォニアムのための「東の貢ぎもの/A Tribute from the East」(2007)

 

・たしかに、ユーフォニアムとマリンバのための二重奏の作品は、あまり数がないのですが、

 現在アメリカから出版されている僕のこの委嘱作を見つけ、再演・好演してくださった事、

 心から感謝です。新たに輝く星をめざして行路を急ぐ東方の三博士‥‥‥イエス降誕のエ

 ピソードによる音楽ですが、出エジプト記による激しい思い出を中間部に挟み、全体が徹

 底して日本旋法による音素材で、静と動の世界を構築しています。当日のお二人の演奏が

 譜面だけから僕の作曲意図を汲んでくださって、印象に残る見事な好演となりました。

コメント
コメントする