[2001] 新しい作品の完成 (35) 「野菊路」

  • 2020.02.06 Thursday
  • 16:56

❖ 独奏箏のための組曲の、第2曲として

・この曲は、すでに昨年12月下旬に作曲が完了

 していたのですが、譜面の清書が大幅に遅れ、

 ようやくのご紹介となりました。

 

・独奏箏のための「野菊路」(2019)

 

トピック [1727] に掲げたように、僕は数年前

 箏演奏家・福原左和子さんのために、

 

独奏箏のための「桜落葉」(2017)

 

  という小品を書いているのですが、これとペア

  になる曲をいずれ作曲しようと思っていました。

  ずいぶん日が経ってしまいましたが、ようやく

  昨年末に時間が取れたので、何日かを費やし、

  野菊をテーマにした新曲を完成しました。桜と

  菊、もっとも桜といっても、これは晩秋の紅葉

 した桜の落葉なので、季節的には秋なので、組曲

「ふたつの秋景色」というタイトルを、この2曲

 のセットに付けてもいいかなと、考えています。

 

・2曲とも、それぞれが約4分ほどの長さで、A-B-A を基本とする3部構成。箏の調弦も、前後

 の曲で大幅に変わることがないように配慮し、弾きやすく・聴きやすい一対にまとめました。

 日本的な情趣を留めている「桜落葉」に対し、「野菊の続く歩道」は日本情趣にこだわらない

 穏やかで爽やかな午後の明るさ。‥‥‥将来、誰かさんの愛奏曲になれれば嬉しいことです。

 

・なお、この曲は来る6月5日(金)松本市ハーモニーホールにおいて、楽友の田中静子さんによって

 25絃箏バージョンのかたちで初演される予定です。

 

 

コメント
コメントする