[2003] 新しい出版楽譜 (14) 組曲「ふるさと遠く」

  • 2020.02.10 Monday
  • 11:43

❖ 郷里への想いを尺八・箏の二重奏で

・2018年夏に作曲し、翌年の春に委嘱者・小林

 鈴純氏の郷里のホールで初演、その後、大阪

 東京でそれぞれお披露目演奏が実現した、尺八

 と箏というもっとも身近な邦楽器の二重奏曲が、

 このたびマザーアース版の楽譜として刊行され

 ました。

 

・尺八と箏のための組曲「ふるさと遠く

            Suite, Far-off My Hometown」(2018)

 

・出版社がマザーアースなので、五線譜で書かれた

 総譜(スコア)に、1.都山流尺八譜の付いている

 もの、2.箏の縦譜の付いているもの、の2冊分で

 ワンセットとなりますが、個別の購入も可能です

 (どちらも販価は¥1,700+税)。

 

・組曲としての構成や、各楽章の内容については、

 すでに先行のトピックで紹介していますが、全体

 で通奏して10分に収まる、演奏の容易な組曲です。

 愛奏者の仲間が増えることを期待しています。

 


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM