[2008] 4月の演奏会(2)

  • 2020.03.10 Tuesday
  • 04:06

❖ あれから4年、満を持しての第11回定演

・4月26日(日)午後2時開演

・秋篠音楽堂(近鉄大和西大寺駅北口)

 

・4年前になりますが、WEB上で僕は初めて

 古都奈良が本拠地の合奏団、まほろばフルー

 ト・オーケストラの存在を知り、10回目の定

 演に「お忍び」で伺ったのですが、そのとき

 演目に加えられていたのが、僕の旧作の合奏曲

  「風の忘れもの」(1994)でした。終演後に楽屋

   へ挨拶に行き、その折に、別のフルート合奏曲

   の手書きの譜面を記念に差し上げて帰宅、それ

 以来この晩のことを僕はすっかり忘れていまし

 た。‥‥‥4年間が過ぎ、つい最近になって、

 思いがけず、合奏団から第11回定演の招待状が

 届き、その演目の中に、すっかり忘れていた

 この作品が加えられている事を知りました。

 

・フルートオーケストラのための

                         「追憶の季節」(2014)

 

・未出版ですが、初演以来すでに大阪東京名古屋などで再演されている愛奏的な小品‥‥‥

 懐かしい思い出・悲しい思い出、心の中を行き交う過ぎし日の情感を、簡潔にA・B・A の

   3部構成でまとめてみました。Aの主部は2つの主題を持ち、中間部のBにも別の主題が現れ

 るので、この作品は3つの主題から構成されているわけですが、それぞれ異なった表情を持つ

 3つの主題には共通して特定のモチーフ(原動機)が内包されていて、全体を緊密にまとめて

 います。全体の核となる、そのモチーフは、譜面で書けば実に単純なのですが、言葉で書けば、

 ある音から完全4度高い音へ跳躍し、そこで再度その音を繰り返す、たとえばミララー、とか

 レソソーのような音の連なりが、この曲のいわば「細胞」として、生き続けます。また、ポリ

 フォニックな主部Aに対して、中間部Bは素朴なホモフォニック様式で書かれているのも、特徴

   の一つかも知れません。

 

・音楽に詳しい人のために、解説が長々となりましたが、この第11回定演の本命は、僕の曲などで

 はなく、今回のために作曲された、著名な酒井格氏の委嘱作品「こひすみつやま」の初演です。

 僕自身も、その新作を聴かせてもらうのが愉しみで、氏の作品から大いに学び、啓発を受けたい

 と期待しています。それと、第2部を飾るベートーヴェン交響曲第7番のフルートオーケスト

   ラ・バージョン(確か前回はメンデルスゾーン第4番イタリアでしたね)‥‥‥4年間もの時間を

   かけられ、満を持しての今回の公演、ご成功を心から祈っています。

コメント
コメントする