[2010] 10月の演奏会(1)

  • 2020.09.26 Saturday
  • 05:04

❖ 勉強会をかねてのミニ公演       ・この演奏会は終了しました

・10月15日(木)午後3時開演

・東大阪市文化創造館小ホール (近鉄・八戸の里)

 

・前トピックでお伝えしたように、我々の演奏

 会も今年は公演中止を決定しましたが、演奏

 に携わる人、ことに歌手にとっては、1日でも

 歌わずにいると、声が’錆びついて’しまいます。

 そんな訳で、会員の中で別のグループにも所属

 している5名の皆さんが、自分たちの勉強会を

 かねてのミニコンサートを開催することになり

 ました。イマドキの演奏会なので、会場内では

 マスク着用だとか、客席は間隔をとってだとか

 お客にも制約を要請する公演ですが、5名での

 演奏会なので、各自の持ち時間がタップリある

 のは、歌い手にとっては嬉しい事でしょうね。

 大いに成果を挙げてほしいものです。

 

・2名の歌い手の方がそれぞれ1曲、僕の作品を

 歌って下さいます。

 

 (1)「ゆうなみ」(詩・小川淳子)(1991)    sop/ 西田利香 

   (2)「言葉は鳥」(詩・笠原三恵子)(1998)  sop/秋山 緑

 

・どちらも「千秋次郎歌曲集2」に所収、しかも、ともに流れるような9拍子で書かれた爽や

 かな歌曲ですが、陰影の表情はそれぞれ異なり、比較して聴いてみるのも面白いでしょう。

 僕も会場にマスク着用で伺って、あのころ病的に好きだった9拍子の音楽を楽しんでみます。

 

・人数制限のかかった withコロナ・リサイタル でしたが、ホールの雰囲気や響きも良く、ゆっ

 たりした気分で、最後まで聴いていました。ピアニストは1日怠けると五指の技能が落ちると

 言われますが、歌い手にとっても自分の喉は、何よりも日頃の「手入れ」が肝要なもの。たと

 え聴衆ゼロであっても、こういう実地の「声出し」は欠かせないものだと実感します。大きな

 ブランクを克服され、皆さんが誠実な歌唱を披露されました。僕の今回の2曲も、いくらか、

 まだ生硬さがありましたが、2曲とも今回がそれぞれの演奏者にとっては初演だったし、僕が

 まったく練習に立会う機会がなかったせいもあるので、いつかまた再演の機会には、僕からも

 アドバイスを差しあげたいと思ってます。ともあれ、無事なるご成功お目出とうございました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM