[1540] 10月の演奏会 (6)

  • 2015.10.09 Friday
  • 00:33
❖ 尺八追加バージョンでの初演      ・この演奏会は終了しました
・10月31日(土) 午後2時開演
・電気文化会館  コンサートホール
                (名古屋市伏見)

・トピック[1527]で紹介したように、今年6月、
 名古屋支部会長・伊藤晶子さんの委嘱により
 作曲した歌曲です。


・「わが道」(詩・貞松瑩子)(2015)

 ・作曲完成後、すぐに譜面を浄書してお送りし
  たところ、伊藤さんがとても気に入ってくだ
  さって、舞台の前後の流れから、これにぜひ
    尺八を追加して(ご自分が和装で出演される
    事もあって)初演したいとの事でした。

・それでさっそく、完成していた楽譜に尺八の
 パートを付け足し、[尺八追加バージョン]と 
 しての別譜を作成しました。従って、この作
 品は2種類のバージョンでの演奏が可能な訳
   です。尺八の吹き方にもよりますが、尺八の個性をやや抑え気味にして演奏に加わると、
 ふくよかでピアノにもよく馴染む、独特の響きの世界が得られるように思います。場合に
 よっては、尺八パートをフルートで試みるのも音域的には問題なく、面白いかも知れません。

・いずれまたお報せしますが、この曲は来年3月に京都アルティでの、我々の関西支部定演
 でも、別の演奏者による「尺八追加バージョン」で、<関西初演>が予定されています。


・伊藤晶子先生のキャラと歌唱のおかげで、独唱ステージのトリに見合った素晴らしい初演
 となりました。点滴生活のご病身をおして、わざわざ東京調布市から作詩の貞松瑩子さん
 も会場にご来席くださいました。貞松瑩子さんとは数年前から、まさに「一期一会」の想
 いでお目にかかっているのですが、名古屋で再会ができるとは、やはり感慨ひとしおでし
 た。生死を超えた詩人の、とらわれない老遊の心境を、微力ながら自分の音楽で、今回も
 表現しえたこと、秘かに満足しています。

 
コメント
コメントする