[1926] 11月の演奏会(2)

  • 2019.10.11 Friday
  • 16:03

❖ 7年ぶりに千秋邦楽作品を7曲揃えて ・この演奏会は終了しました

・11月9日(土) 午後2時開演

・伏見桃山 ラ・ネージュ(JR奈良線桃山駅)

 

・自分の作品だけが演奏されるなどという機会

 は、めったにない事なのですが、2012年秋に

 箏の大西瑞香さんが地元・鳥取の演奏仲間と

 共に僕の邦楽作品6曲を取り揃えて、境港市と

 東京すみだトリフォニー(小)で「うたがたり」

   と題してのリサイタルを開催してくださいまし

 た。そして、この秋10月には、和歌山で活動を

 続けておられる東 美哉子さんが中心となって

 関西で活動中の邦楽仲間と共に、左掲のような

 サロン演奏会を、伏見桃山の隠れ家的なミニホ

 ールで、開催してくださる事になりました。

 

・7年前の大西さんらのリサイタルも同様でしたが、

 今回も僕の方に前もってのご連絡はなく、僕も最

 近になってのご連絡で初めて知ったような訳でし

 たが、何はともあれ、思いがけずも、とても名誉

 な事で、ありがたく感謝しています。

 

・(1) 午後のバッハ (1976)‥‥‥‥‥‥‥‥‥箏1, 箏2   

 (2) 風のはなびら (詩・村田寿子) (2010)‥‥歌, 箏

 (3) 花のひととき (1998) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥箏, 三絃

 (4) 双樹(1989) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥十七絃, 二十絃

   (5) 野分のまたの日 (文・清少納言)(2010) ‥ 語り, 箏

   (6) 秋のエムブレム (1994) ‥‥‥‥‥‥‥‥尺八, 箏

 (7) 夢の花橘 (和歌・和泉式部) (2007) ‥‥‥歌, 箏1, 箏2, 十七絃, 尺八

 

・上記の7曲、1976年から2010年にかけての、今では旧作に属する作品ばかりですが、東さん

 が出版楽譜をもとに、ていねいに今日まで仕上げてこられた入魂の演奏で、親しいお仲間との

 アンサンブルで、充実したひとときを愉しませてくださる事と思います。定員40名の予約制の

 演奏会ですが、ご関心を寄せて頂けそうであれば、mova: 090-8141-6350へお問い合わせを。

 

・天候が回復、寒いような秋日和となり、定員40名のラネージュ・サロンもほぼ満席の聴衆の皆

 様を迎え、アットホームな雰囲気の中で、滞りなく全7ステージの演奏を終了する事ができまし

 た。器楽のみの作品と、歌や語りを伴う作品とが、ほどよく交互し、楽器の組み合わせも二重奏

 ・三重奏の他に、トリには出演者全員による歌入りの五重奏があり、お客さまには楽しんで頂け

 た事と思います。僕自身にとっても、(1)(3)(5) などのナンバーは久々の再演で、過ぎ去った思

 い出が呼び覚まされる懐かしいひと刻でした。出演者の皆さまに、心からの感謝です。

[1925] 9月の演奏会(4)

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 11:25

❖ 琵琶湖を窓越しに眺めながら       ・この演奏会は終了しました 事後報告です

・9月25日(水) 午後1時開演

・滋賀県立芸術会館びわ湖ホール 

       メインロビー(大津市島ノ関)

 

・偶然にも web上で演奏会の情報を見つけ、

 自分の作品が演目に入っているのを知った

 ものですから、予定がなかったのを幸いに

 当日そっと足を運び、30分の「昼どきの

 ロビーコンサート」を楽しく聴かせてもら

 いました。

 

・関西で活躍の若手演奏者を起用されての、

 びわ湖ホール中央ロビー、昼過ぎ30分間の

 一連の無料コンサート。短時間とはいえ、

 選曲次第で音楽の充実した感銘を、聴き手

 に与える事ができる長さです。今回も2本

 のユーフォニアムにピアノという3人の皆

 さんが、5つの曲目を演奏されました。

 

・今回とりあげてくださった僕の曲は、まさに

 2Euph+Pfという楽器編成のために書かれた19年前の作品;

 ・2本のユーフォニアムとピアノのための

    「海に開く窓」(The window opens towards the ocean)(2000)

   印象派風の海のたたずまいを思わせる音型の上に、2本のメロディーが呼び交わしつつ流

 れてゆく、アメリカのEuphonium.com,LLC 社から出版されている演奏会用小品ですが、

 会場となったロビー正面の壁一面のガラス窓から、晴れた午後の琵琶湖の風景が広がり、

 じつに時宜に適った豊かな音楽のひとときを、僕も作曲者として味わう事ができました。

 三人の皆さんのご成功、共に僕も喜んでいます。
 

[1924] 9月の演奏会(3)

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 22:58

❖ 京大音研関東支部のロビーコンサート   ・この演奏会は終了しました 事後報告です

・9月23日(祝・月) 午後1時30分開演

・川口総合文化センター・リリア 催し広場

(川口市川口3丁目、JR京浜東北・川口駅西口)  

 

・京都大学音楽研究会、略して京大音研の同窓会

 は、僕も会員の一人ですが、その関東支部の有

 志が、第15回「楽に寄すコンサート」と称して、

 先月、埼玉県川口市の広場を借りて、総勢10名

 余でのロビーコンサートを持たれました。

 

・大学での学業を全うせず、途中から道を外れて

 現在に至っている僕とはことなり、京大音研の

 諸氏はそれぞれの分野で優れた業績をあげられ

 た社会人、音楽はいわば余技に過ぎませんが、

 プログラムでの演目を見ると、リスト「夕べの

 調べ」、ベルクの初期の歌曲集から、クライス

 ラー「麗しのローズマリー」他にもオペラから

 のアリアなど、多種の楽器による多彩な演目が

 並んでいて、当日も聴衆の皆さんに楽しんで頂

 き、盛会だった様子が想像されます。

 

・今回のコンサートでは、たまたま僕の旧作の歌曲を1曲、演目に加えて頂けました。

    ・「ひろった えんぴつ」(1986)(詩・いわきたろう)

 どこかに落ちていた、他人の使い古しの鉛筆に寄せる情感の起伏を、バウンスする3拍子で

 歌う、全音楽譜出版社版「千秋次郎歌曲集1」所収の童謡タッチの小品ですが、一服の清涼剤

 のように大曲の中に挟まれて、聴衆の皆さんの心に届いた事でしょう。歌ってくれた後輩のT氏

 (上記のリストを演奏した彼ですが、現在は歌唱も習っているとか)に、拍手そして感謝です。


 

[1923] 10月の演奏会(2)

  • 2019.08.28 Wednesday
  • 03:15

❖ 7月完成の作品初演(東大阪版)           ・この演奏会は終了しました

・10月20日(日)午後12時30分開演

・東大阪市文化創造館 (近鉄八戸ノ里駅)

 

・偶然なのか昨年と同じ日ですが、今年もまた

 東大阪市合唱連盟による市民合唱祭が開催の

 運びとなり、楽友・中谷淑子さんが指導され

 るれマードレ・エコーの皆さんによって、先

 に紹介した僕の女声2部による合唱作品が、

 5月に改元された令和の幕開けを祝して、

 披露・初演される予定です。

 

・女声合唱曲「令和の梅の花」

        (原典/万葉集第5巻より)(2019)

 

・作品の完成の事を記したトピック [1918] に、

 曲の成立の経緯を書いていますが、初演は大阪

 府内の2箇所、東大阪と豊中のそれぞれの女声

 コーラスの皆さんによって披露されます。

 

・豊中での初演は2ヶ月後の12月なので、まだ

 ゆとりがありますが、手書きの譜面を双方の合唱団に渡したのが 7/11だったので、マード

 レ・エコーの皆さんには時間がない中での練習、ほんとに大変だった事と思います。幸い、

 中谷淑子さんの指揮・指導の宜しきを得て、熟達のピアノ伴奏者にも恵まれ、この日の初演

 を成功裡に導いてくださる事と、心から期待しています。

 

・初演1に相当する東大阪市での公演が、無事終了しました。会場となった東大阪市文化創造館

 は、僕にとっては初めて訪れたホールでしたが、アクセス至便の、とても響きの良いホールで、

 すっかり気に入りました。地域の市や教育委員会が後援する、いわゆる「文化祭参加事業」は

 どこでもそうですが、今回の東大阪の「2019合唱祭」も、17の合唱団体が参加されて、朝から

 ローカルの賑やかな雰囲気に包まれ、各団制限時間いっぱいの中で1年間の成果を演奏・発表、

 出番が終わった後は、舞台衣装のまま記念写真を撮る、という、毎年のことながら、傍目にも

 その愉しさが伝わって来る、まさにハレの「お祭り」の1日でした。

 

・われわれのマードレ・エコーの出番は午後2時ころでしたが、やはり楽友・中谷さんの指導が

 適切で、少人数にもかかわらず、万葉集の和歌の歌詞が明瞭に聴き取れ、すっきりと聴けました。

 常任ピアノの茶園千華子さんも、今回も絶妙なバランスで、二重唱を盛り立てて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[1922] 10月の演奏会(1)

  • 2019.08.26 Monday
  • 15:18

❖ 初登場4名の歌い手を迎えて      ・この演奏会は終了しました

・10月5日(土)午後2時開演

・京都府民ホール・アルティ

         (御所西側、烏丸一条下ル)

 

・今年はひとつの試みとして、春と秋の2回に

 分けて公演を開催することにしました。自分

 たちの技量と経済との両面から、これからも

 いくつもの公演方式をトライする積りです。

 

・大阪での春の公演の際にお伝えしましたが、

   このたび新たに3名の歌い手の方が会員に加

 わり、他に1名すでに入会されていながら、

 初めて今回、演奏の舞台に立たれる方がある

 ので、結果的には4名の方のデビューを兼ね

 ての、春とは全く顔ぶれの異なる総勢7名に

 よる秋の演奏会となります。

 

・率直なところ、新人の初舞台には、主催者

 としては不安の残る点もありますが、やは

 り場数を踏んで、修羅場を?乗り越えなけ

 れば、歌手としての成長は望めないので、聴衆の皆様には期待ハズレやガッカリがある

 かも知れませんが、どうかどうか、今後の本人たちの成長のために、心暖かく見守って

 頂きますよう、会長としての立場から、宜しくお願い申し上げるしだいです。

 

・ところで、今回歌われる僕の曲は次の2作品です;

    (1) 「虹」(詩・狩野敏也)(1989)     ‥‥‥「千秋次郎歌曲集2」所収

    (2) 「チェロの四季」(詩‥中島 登)(2009)‥‥‥「千秋次郎歌曲集1」所収

 (2)の曲は、東京での初演者だった永松圭子さんが、実に10年ぶりに再演されます。

 彼女の素晴らしい歌唱力と安定したメゾソプラノの美声に、今からワクワクしています。

 (1)を歌われるのは、新人のソプラノ・横尾友子さんです。トピック[1913]で紹介した

 奈良での演奏会にも試演的に歌われています。とても熱心な研鑽者ですが、本番には、

 もしかすると十分に力が発揮できないかも知れません。それでも、今後さらに努力を

 重ねられる事と、今後の成長を期待しています。頑張ってください!

 

・まだ河原町には観光客がめだつ京都でしたが、ホールのある烏丸一条、御所の近辺は

 さすがに落ち着いた秋の風情、その中で大勢の聴衆の皆様を迎えての盛会となりました。

 新人4名のデビューの舞台も、それぞれのレベルに応じて、ひとまず無事にお披露目が

 終わりましたが、やはり口の開け方一つをとっても、それが言葉の明瞭さに密接に結

 びついている自覚が不足のようで、日本語の発声をさらに研鑽してほしいと感じました。

 来年6月に予定されている次回の定演に期待しようと思います。永松さんの「チェロの

 四季」の再演は、作曲者冥利に尽きる、感慨深い名演でした。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM